東季17の跡地に”極生タピオカ”店「吉龍糖(ジロンタン)」がオープンへ

2020年3月22日(日)をもって、吉祥寺駅北口のタピオカドリンク店「TOKI SEVEN TEA(東季17)」が閉店しましたが、跡地にオープンするのは台湾ティーカフェ「吉龍糖(ジロンタン)」がオープンします。

極生タピオカが吉祥寺に

オープン日は2020年4月下旬予定

台湾発症の「吉龍糖(ジロンタン)」は、もともと大人気塩パンベーカリー事業を中心に台湾で20店舗展開。その後、沖縄産黒糖×厳選台湾茶を組み合わせて作る、人気タピオカティースタンドとなって吉龍糖ブランドに。

吉祥寺店は、恵比寿店、町田店、渋谷店(既に閉店しているかも?)に次ぐ4店舗目となります。

オープン前に恵比寿店に行ってきました。

写真は恵比寿店

メニュー一例

それぞれアイス/マイルドホット/ホットを選択、甘さは3段階、氷の量3段階、そしてタピオカはトッピング扱い(+70円)でオーダー。

僕は黒糖ミルクをいただきました。

賞味期限4時間

出来たてのタピオカが底にギッシリ入っているので、手で持つと温かい。

そして気になるタピオカは・・・

何店舗もタピオカドリンクを飲んできて、もう「もちもち」という言葉はあまり使いたくありませんが、、、

もちもちです。

賞味期限が煮込み後4時間以内と定められている極生タピオカ。ちゃんと食感もありますが、良い意味でとろける感。わらび餅がもう少し噛み応えあるような感じです。

 

吉祥寺ではオープン後3日間程度は並ぶのが恒例ですが、見ものはその後ですよね。

注目しましょう!

店名 吉龍糖(ジロンタン)吉祥寺店
オープン日 2020年4月下旬予定
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-1 三上ビル
地図