吉祥寺最大級フェス「武蔵野音楽祭 蓮の音カーニバル2019」に行ってきた!

5月18日(土)に開催された「武蔵野音楽祭 蓮の音カーニバル2019」に行ってきましたーーー!

吉祥寺最大級のフェスは圧倒的な盛り上がり

今までフェスとかあまり行く機会がなかったのですが、今回は主催のがっちさん(@gacchimusafes)にお誘いいただいたので、行ってきました。 毎年5月に開催をしている同祭は、今回で5回目となり、過去最大級となる13会場・総勢122組が出演

当日のタイムテーブル

主催者であるがっちさんが子供のころから遊び場でもあった吉祥寺で、ふとした思いつきで2016年9月にスタートした音楽イベントです。5回目でまさかここまで大きなフェスになるとは誰も想像してなかったのではないでしょうか。 現場にこだわるがっちさんがライブハウスに足を運びバンドを発掘。ジャンルにこだわらず本当にカッコ良いと思ったバンドにだけオファーを続け、これまでに数多くのバンドが出演してきました。 今回、僕は3組のアーティストさんのライブに参加しました。 まずはPLANET Kで「絶叫する60度@zekkyo60)」。 絶叫する60度は、日本全国各地を車中泊しながら年間で地球二周分を超える距離を移動し、年間300本近くのライブを続ける‶ライブの鬼″と呼ばれている女性2人組のツインボーカルユニット。 ロックなステージアクションをこなすアイドルです。 一言で感想をいうと、最高でした。広いとは言えないライブハウスで、ギュウギュウになって盛り上がる感じがたまりません。この上ないほど盛り上がりを見せてくれました!!! 写真からもその盛り上がりが皆さんにも伝わってることでしょう!ご本人たちのツイートも。

そして2組目は、STAR PINE’S CAFE鳴ル銅鑼。 鳴ル銅鑼は岐阜で結成され、名古屋で活躍し、東京で勝負をかけている4人組ロックバンド。ハードコアからヒップホップまで幅広くこなすアーティストさん。 色気というかセクシーさを持ち合わせながらも毒をはらむのが魅力の一つ。ボーカルの三輪さんは、歌声とか所作が色っぽく、独特な世界観を生み出しています。 こちらもかなーり盛り上がりました。素人ながら後ろの方でノリノリ!! そして3組目は、吉祥寺Warpで名古屋出身のみそっかす。4人組のロックバンドです。 主にボーカルのデストロイはるきちさんが作るグッドメロディーと邦洋新旧の音楽ジャンルを横断した多彩な楽曲展開を持ち味とするバンド。MCがうまく、笑いが湧き上がってました。 キーボードのマイケルTHEドリームさんの、どことなくぎこちないダンスがクセになる!!! こちらも超満員で、圧倒的な盛り上がりを見せてくれました。 他にも気になるアーティストがたくさんいたのですが、時間的に3組が限界だったのが悔やまれます。1日中開催されているので、たくさんのアーティストを見に行って、自分好みのアーティストを発掘するのもいいですね。 これほど大きなフェスを個人で立ち上げたというから驚きです。 久々にライブハウスに行きました。心から楽しかったです。 吉ファンは今後も同フェスを応援したいと思います!!

関連記事