新オープン!和菓子の老舗「吉祥寺虎屋 弁天通り店」喫茶スペースでまったり

作り立ての和菓子とほうじ茶

こんにちは!吉ファンライターのShizuka(@shizukaeditor)です。

1947年創業の「吉祥寺虎屋」は、羊かんや生菓子で親しまれる老舗和菓子店。

2021年10月28日(木)、喫茶スペースのある「吉祥寺虎屋 弁天通り店」がオープンしました!

店内で和菓子をいただけるのはこちら店舗だけ。作り立てのおいしい和菓子をいただいてきました♪

老舗の名店「吉祥寺虎屋」唯一の喫茶

弁天通りに並ぶ新店

吉祥寺駅北口から徒歩5分、お店はヨドバシカメラ裏側の「弁天通り」にオープン。

建物の地下は吉祥寺虎屋の製造工場で、建物の2階にお店ができました♪

本店「吉祥寺虎屋 ダイヤ街アルファ店」、甘味処「吉祥庵」(現在休業中)に続き3店舗目になります。

赤い傘が目を引く店内
額や和の小物が集められています

階段をのぼると、和の雰囲気で満ち溢れる喫茶スペースが登場です!約20名が利用できます。

赤い傘に、大きな額…。「どこか見覚えのある景色」と思っていたところ、

吉祥庵にあったインテリアや小物を移動し、飾っているのだそうです!

弁天通り店の店頭

入り口にも「吉祥庵」の看板が掲げられいました!

吉祥寺に数少ない甘味処として重宝されていた吉祥庵。

その時の景色が蘇ります♪( ´▽`)

50種類の定番&限定商品をチェック!

ショーケースに並ぶ和菓子

12月に本オープンを迎える予定で、順次、喫茶メニューをそろえていくそう。

現在はショーケースに並ぶテイクアウト用の和菓子をいただくことができます。

箱に入っている羊羹もその場でいただけるそうで、食べたい分を切り分けてもらえます♪

限定の最中や季節の生菓子
定番の羊羹
洋風和菓子も

定番の羊かんや最中、季節の生菓子など約50種類が並んでいました!

来年の干支をイメージした「虎最中」は現在、弁天通り店限定。

生菓子は階下の工場で作り立てを運んでいるそうで、フレッシュなものを味わうことができます♪

ほうじ茶と作り立ての和菓子でひと息

窓際席でまったり

「栗蒸し羊かん(小)」(税込253円)、「上生菓子」(税込330円)2種類をオーダーしました!

本オープンまではほうじ茶がサービスになります(*´꒳`*)

新鮮な羊羹と生菓子

羊かん、生菓子ともにほんのり優しい甘さと滑らかな質感で、心が落ち着きます。。

栗蒸し羊かんは全体的に甘さ控えめで、大ぶりのほっくりした栗が滑らかな羊羹に合います。

モミジがあしらわれた生菓子はもっちりした皮に白餡が包まれて、まるで雪見だいふくのように口溶け滑らか!

常温のほうじ茶と共にひと息つきました♪

限定最中と洋風菓子をテイクアウト

テイクアウトした和菓子。オープン記念で1ついただきました。

「虎最中」(税込194円)、「吉祥寺くる〜ん」(税込184円)をテイクアウト!

虎最中はピンク(写真左)は梅あん、キャメル(真ん中)は粒大納言入りです。

断面。ナイフで半分にカット

最中はしっとりした皮に中の柔らかな餡、もっちりした求肥が絶妙な味わい!

吉祥寺くる〜んはバラのように絞った黄身餡でマーマレードを挟んだ洋風菓子で、柑橘の香りがふわっと広がりおいしかったです♪

店頭のポスター

1つから購入可能とのことで、気軽に店内利用ができます。

吉祥寺虎屋らしく気品と温かな接客のスタッフさんに迎えられ、旅館を訪れたかのような心地に。

ぜひ訪れてみてくださいね。

▼関連レポ

店名 吉祥寺虎屋 弁天通り店
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日
電話番号 0422-20-2283
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-29-4
地図