クラシカルなプリンとエルビスサンドを堪能!三鷹の珈琲店「ニンカフェ」

こんにちは!吉ファンライターのShizuka(@shizukaeditor)です。

今回は、2021年1月に三鷹にオープンした自家焙煎珈琲&喫茶「ニンカフェ」をご紹介。

こだわりの水出しコーヒー、自家製プリン、エルビスサンドをいただいてきました!

海外の風感じる店内で、日常とは少し違う時間が過ごせます。

北京から三鷹へお引越し。サイフォンコーヒーを提供

JR三鷹駅北口から中央通りを北へ向かい、徒歩10分ほどでお店に着きます。

カタカナで「ニンカフェ」と書いてあります。

店内はレンガ調の壁に、シックな椅子やテーブルが並んでいます。

カウンターにはなんとサイフォンがありました

フラスコ内で燃え上がる炎が美しいです。

ニンカフェは昨年まで中国・北京で開いていたとのこと。異国情緒が漂う、三鷹のニュースポットです。

限定の水出しコーヒー、自家製スイーツ

コーヒー、紅茶のメニュー

ドリンクはコーヒー、紅茶がそろいます。

新作の水出しコーヒーは、8時間かけ低温で抽出しているそう!暑さが始まり、飲みたくなります。

そのほかドリンク、フード、スイーツのメニュー

フード、スイーツは計10種類。

フードはしょっぱさと甘さが一度に味わえる「エルビスサンド」(520円/税込)は「珍しさから注文される方が多いです」と店主さん。

スイーツは全て自家製で、一番人気は「喫茶店のクラシック・プリン」(440円/税込)とのこと。

どちらも食べてみたいと、両方注文してみました!「水出しコーヒー」(460円/税込)と合わせ、計3点をオーダーしました。

エルビスサンドの焼き上がりに15分ほどかかるとのことで、店内の雑誌を読みながら楽しみに待ちます。

ほろ苦プリン、甘じょっぱいエルビスサンドはやみつき

この見た目のうっとり感!

芸術品のような佇まいです。

プリンはカラメルとカスタードのコントラストが際立ちます。渋みのある青い器、ステキです。

早速ひと口。

口当たりがとても良い!!

カスタードは甘く、カラメルはほろ苦で大人な味わいです。

すっきりした水出しコーヒーと一緒に、少しずつ大事にいただきました。

今回、初めて耳にしたエルビスサンド。

パンの中にはピーナツバター、ベーコン、はちみつ、バナナが入っています。ブルーベリージャムを載せ、いざ口に入れてみます。

甘さありしょっぱさあり、おいしいです!

四つ切りのパンに次々と手が伸びました。

表現が難しいのですが、ぜひ一度食べていただきたいお味です。

ご自宅でもニンカフェの味わいを

珈琲豆はそのまま、もしくは挽いたものを持ち帰りできます。

手作りのスイーツ、珍しいフード、風味あるコーヒー。いろいろなものがちょうど良く混ざり合った、心地よいお店です。

これからどんどん人気が高まりそうな予感がします!

最後までありがとうございました。

店名 ニンカフェ(NING’S COFFEE)
営業時間 10:00〜18:00
定休日 金曜、第一・第三月曜
電話番号 080-9827-5941
住所 〒180-0006
東京都武蔵野市中町3-3-1
グランバリュー武蔵野三鷹1F
地図
Instagram @nings.coffee
禁煙・喫煙 完全禁煙