メニューは【せいろ蕎麦】のみ!挽きたて・打ちたて・茹でたての十割蕎麦店 越後屋オープン!

こんにちは!ながのです。

本日は8/11にオープンしたお蕎麦屋さん、吉祥寺越後屋をリポートします!

メニューなんと せいろそば(1200円)のみ!

地下1F

ユニクロの脇を走る中道通りを歩いて1分。左手に見えますのが吉祥寺越後屋

店前のメニューには「生粉打ちそばせいろ」1種類のみ。これはスゴイ…。

地下のお店に入ると新店らしく、とても綺麗で清潔感のある店内。アイボリー調に統一された店内はお蕎麦屋さんらしくシュッとしています。

壁に飾られている蕎麦打ち道具がかなりの年代物そう…。お聞きすると明治時代からのものだとか。すごっ。

これ1つ!

メニュー拝見しました。ホントに1種類のみです。もちろん「生粉打ちそば」をオーダーです。
生粉打ちとは蕎麦粉と水だけで作られた蕎麦。

そしてここでは注文が入ってから蕎麦粉を挽き、打ち、煮立てるという…。
挽きたて、打ちたて、煮たて。これを三たてと言うそうです。

ここまでこだわりがあるお蕎麦屋さんに入ったのは初めてです(^_^;)

10分ほど待ったでしょうか…。やってきました!!

生粉打ちそばせいろ 1200円

美しい。そしてどっさり盛られています。これは嬉しい。

まず蕎麦だけいただいてみます…。うまっ!

雑味ゼロ。十割そばだけあって風味がとても豊かです。挽きたてだもんなぁ…。

つゆにちょっとつけていただきますと…。
こりゃ素晴らしい!辛めでキュキュっとした出汁のうま味たっぷりのつゆが蕎麦の味を格段に膨らませます。

喉ごしもいいですね。するするとズルズルといただきましたが、最後まで全く飽きることなくいただけました。

そば湯もうまい…。職場が神田なので老舗蕎麦屋さんの味に慣れ親しみがありますが、こちらの蕎麦もなかなかのものです…!

店主の坂場さんにお話を聞けました。
さぞかしこだわりがあって頑固そうな人なのかと思いきや(失礼!)、人当たりの柔らかい情熱的な方でした。

130年続いてきたお蕎麦屋さんで、今月王子から吉祥寺に移ってきたそうです。レイアウトされている蕎麦道具の年季っぷりに納得。

130年前の看板。左が特製ざる、右がひやむぎそうめん

蕎麦粉は水と交わった瞬間に劣化が始まるので、挽きたて、打ちたての美味しさはぜひ味わって欲しいそうです。生粉そば、美味しかったですよ!

ちなみに蕎麦はそのとき一番良いと思うものを使用しているそうです。現在は常陸秋蕎麦。

近く北海道産のものに移行するそうです。板前さんが素材を選ぶような話ですね。。。

今後もしかしたらメニューが増えるかもしれないが、この三たてを守っていると揚げ物などをやる暇がないので、当分はこのメニューのみで行くそうです。

ボリュームがあって良かったです!とお伝えしたところ、実はこの毎食オーダーが入ってから手打ちをする場合、この量じゃないと、しっかりしたお蕎麦が打てないとか。なるほど〜。

なかなか個性的なお店が出てきました。先日オープンしたTSUMUGUといい、吉祥寺にも美味しいお蕎麦が食べられるお店が増えてきましたね!

本日もごちそうさまでした!

店名 吉祥寺 越後屋
TEL 0422-27-1698
住所 武蔵野市吉祥寺本町2‐11‐9 プラタ タカハシB1階
地図
予約 食べログへ
禁煙・喫煙 完全禁煙
関連記事