演出は堤幸彦監督!全員50歳以上、出演者100人が吉祥寺でダンス!出演者募集中

2019年9月14日(土)、50歳以上の出演者100人で、日本のおとなを元気にするステージ「おとな公演」が開催されます。場所は、吉祥寺の武蔵野公会堂!!

50歳以上の出演者募集中!!

超高齢化社会が進む日本だからこそ掲げるテーマ「踊れ!人生があるうちに。」のもと、何歳になっても人生は輝き出すことを描くドタバタ・エンタメ群像劇です。

「おとな公演」は、7月10日(二次締切。一次締切は6月30日)まで、豪華参加者の堤幸彦監督やコシノミチコ氏と共に本公演を作るおとなダンサーを先着100名募集しています。すでに70名以上が集まっているということで、あと約30名募集中です!!

同世代の仲間とも出会える本公演は、プロのダンサーによるレッスンを全14日行うため、初心者の方も大歓迎とのこと。詳細は公式HPをご確認ください。

おとな公演に参加する

なぜおとな公演を開催するのか

主催者である株式会社オースタンスさんよりコメントをいただきました。

公演を立ち上げたきっかけは、50~70代のおとな世代の方々の「いつか、ステージに立ってみたい。」という声でした。

第1回の ”おとな公演” は、私たちのビジョンである「私の好きが、世界を、動かす。」を体現するようなストーリーとなっており、参加者1人ひとりが「私の好き」を表現できる瞬間をつくっています。

若いメンバーが中心のため、親孝行をする気持ちで公演を企画しています。ぜひご参加頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!

こんな想いに、堤幸彦監督やコシノミチコ氏が共感し、「全員50歳以上、出演者100人の ” 第1回 おとな公演 “」の実現に至ったそうです。

クラファンも実施

第1回 おとな公演」実現のため、会場費や舞台の資金を集めるべく、クラウドファンディングを実施しています。

出演しないけど参加したい or 応援したい方はぜひ!!

クラウドファンディングへ

舞台演出と衣装協力

■舞台演出:堤 幸彦

愛知県出身。映画・テレビドラマ・舞台など多岐に渡り活動する。『20世紀少年』三部作や『トリック』シリーズといった人気作品を手掛け、2015年に『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』で第40回記念報知映画賞・監督賞を受賞。近年の作品に『十二人の死にたい子どもたち』『人魚の眠る家』などがある。

■衣装協力:MICHIKO KOSHINO(コシノ ミチコ)

大阪府岸和田市生まれ。コシノ ヒロコ、コシノ ジュンコを姉に持ち世界的に有名なファッションデザイナー、コシノ三姉妹の一人。86年よりスタートした「MICHIKO LONDON KOSHINO」ブランドで、ヨーロッパ及び、日本を始めとしたアジア諸国へ進出し成功を納め、BFC「英国ファッション協会」に日本人で初めて正式会員となる。

これを読んでいる50歳以上の大人のみなさん!!!

おとな公演」に参加してみませんか?もしくは皆さんの親御さんに参加を促してみてはいかがでしょうか?

一生の思い出になりそうですね。「もう一度、舞台の上で輝きたい。」そう思う方に参加してほしいですね。

おとな公演に参加する

関連記事