レトロ感満載の老舗喫茶「ゆりあぺむぺる」でじっくり煮込んだボロネーゼを食す

最近はインスタ映えするってこともあり、若い人が多く利用しているレトロ喫茶「ゆりあぺむぺる」。筆者も行ってきたのでレポートします!!

じっくり煮込んだボロネーゼが美味!

ゆりあぺむぺる」は、吉祥寺駅の南口を出てすぐのパークロード沿いにある、1976年創業の吉祥寺の老舗喫茶店です。

入店すると、そこは異空間。こちらは創業当時の面影が残っており、昭和レトロ感が満載。

店内はテーブルやランプまでアンティークな家具がずらーり。いい味出してます。

フロアは1階と2階にわかれており、1階は喫煙、2階が禁煙です。筆者は吸わないので2階へ。客層はやはり大学生ぐらいの若い方が多い印象でした。

メニューはこちら▼

フードメニュー
ドリンクメニュー

筆者は、スパゲティー・ボロネーゼ(1,180円)とミニサラダ(+100円)とアイスティー(+200円)をオーダー。

ミニサラダは「ミニ」というだけあって、ちょっと少なめな気がします。

そしてお待ちかねのスパゲティー・ボロネーゼきました!!

じっくり煮込まれたボロネーゼは、ひき肉がとても柔らかく、パスタといいかんじに絡み合って食べ応え抜群。シンプルに美味い!

手作りであったか~いボロネーゼの感覚が今でも口の中に残ってます。

食後はこの昭和レトロな雰囲気を味わいながらゆっくりお茶しましょう。

ごちそうさまでした!!

店名ゆりあぺむぺる
営業時間11:30 ~ 24:00
定休日無休
TEL0422-48-6822
住所東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-6
地図
食べログ食べログへ
HPwww.mandala.gr.jp
禁煙・喫煙分喫
関連記事