あなたの住む街は何点?東京都区市町村「いい地盤ランキング」

先月に発表された情報ですが、ちょっと面白かったのでご紹介します。東京都内の市区町村の“いい地盤ランキング”!武蔵野市も含め、皆さんの住んでいるいる街は何点なのでしょうか?

武蔵野市、小金井市がベスト10入り!

地盤ネット株式会社は、北海道胆振東部地震により地盤液状化に対する関心が高まっている状況から、地盤ネットが保有するビッグデータをもとに算出した「地盤安心スコア」集計により、東京都区市町村の「いい地盤」ランキングを公表しました。

ランキングはこちら。

<判例>
緑:80点以上(安全) 黄:55点以上(普通) 赤:55点未満(注意)

上位3位と解説

1位 国分寺市 86.68点
市域の大部分を占める高台上の平坦地である武蔵野台地と、国分寺崖線を境に一段低い立川台地など、大部分が平坦で安定した地域であることから東京都1位となりました。

2位 西多摩郡瑞穂町 86.33点
町の大半が武蔵野台地の北西端に位置しており、一部の人工造成地を除き、洪積層の良好地盤が多いことから上位のスコアとなりました。

3位 小平市 86.05点
地形が平坦(たいら)だったことから市名が名付けられたことからもわかる通り、武蔵野台地の平坦な土地が大部分であることから上位のスコアとなりました。

23区のみ

1位 練馬区 80.59点(東京都16位)
30~40m程度の起伏の少ない武蔵野台地上にあり、川沿いの人工造成地を除いてはほぼ安全な場所が多く、23区での1位となりました。

2位 杉並区 77.32点(東京都23位)
武蔵野台地中央部に位置しており、区の大半は台地面で占められているものの、台地を削る小さい河川(妙正寺川・善福寺川・神田川)の谷底低地では注意を要する場合があります。

3位 豊島区 74.90点(東京都28位)
豊島区は、北を荒川、南を多摩川にはさまれた武蔵野台地の東部に位置しています。海抜8mから36m程度との台地と谷による変化に富んだ地形です。
※いずれも、地図情報や地形情報マップだけでなく、個別調査によって地盤のことを知る必要あり。

<ご注意>
このスコアランキングは地盤ネット総研の独自基準によるもので、災害の起きやすさは考慮されていません。また、不安を煽るものではありません。実際の住宅建築に当たっては、個別に地盤調査などを実施のうえ、地盤・建築の専門家にご相談下さい。

当然とは思いますが、23区は西に比べたら低いですね〜。点数の格差が激しい。しかし吉祥寺のある武蔵野市やお隣の小金井市がトップ10入りしているのは嬉しいですね。

そして23区だけでいえば、練馬区がトップ!杉並区が2位!やはり東側と比較すればこのへんは“いい地盤”であることが言えそうですね。

関連記事