武蔵野市、新たな吉祥寺の将来像づくりに向け第一歩へ!一緒に街つくりましょ?

武蔵野市は、吉祥寺の未来を展望し総合的なまちづくりの方向性を定める「吉祥寺グランドデザイン」の改定へ向けて動き始めました。

ワークショップメンバー募集!いつも口だけの人は参加してみては?

2007年3月に策定された、吉祥寺のまちづくりの方針である「吉祥寺グランドデザイン」をご存知ですか?策定当時は、「これからの時代を見据えた魅力的な吉祥寺のあり方について、吉祥寺の未来を展望し総合的なまちづくりの方向性を定める」として、名だたる委員の方々が定めた、いわゆるまちづくりのコンセプトのようなものです。

知らないですよね。筆者もお恥ずかしながら最近まで知りませんでした。

で、簡単に言うと、内容が古くなったので改定しちゃおうぜ!ということになったようです。前回の策定から10年が経ち、吉祥寺を取り巻く環境の変化や、人々のライフスタイル(ネットショッピング、スマホの普及、インスタ・FBなどのSNSの広がり)の変化に対応するため、大幅な改定を実施することになりました。

確かに中身を読んでみると、お役所感溢れる書きっぷりでして・・・これは改定が必要なのは、誰が見ても明白です。

そこで、武蔵野市はこの「吉祥寺グランドデザイン」改定に当たり、吉祥寺のことが好きな方から意見、提案等をつのるため、吉祥寺の4エリア(セントラル、ウエスト、イースト、パーク)ごとのワークショップメンバーを募集しています。

リンク先をご覧いただければ、応募資格等が掲載されていますが、ちょっと補足します!吉祥寺まちづくり事務所のご担当者様に確認したので、武蔵野市の本音です!!

  1. 応募資格に「吉祥寺に関心があり、原則3回全てに参加可能なかた」とだけありますが、市内、市外に限らず、商売をやっている、遊びに来るだけに限らず、吉祥寺(の4エリアのどこか)に興味・関心がある方であれば、誰でもウエルカムです!もちろん学生さんでも大丈夫です。年齢制限もありません!
  2. 吉祥寺に関わる多種多様な人たちに参加してほしいと考えています。昔から吉祥寺でお店をやっている人や働きに来ている人、お客さんとして吉祥寺に来る人、遊ぶのが好きな人。もちろん住んでいる人もOKです。
  3. 参加する人のメリットとしては、将来的(30年後)にこんな吉祥寺になっていたらいいのになぁ、というアイデアを出し合って、より良い吉祥寺の将来像をみんなで考えることができる、という点が一番です。このままの吉祥寺では心配だ、とか、吉祥寺のこの部分はぜひ残していってほしい、といった、自分の思いをぶつけるチャンスです。

よく吉祥寺の理想像を語ったり、「吉祥寺は閉店ばかりでダメだ…」など嘆いてばかりの人は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?みなさんの思い描いているアイデアや理想をみんなでぶつけあうチ ャンスですよ!!

筆者はお声がけいただいていて、おそらくこの改定に関わらせてもらうことになりそうです(まだ確定ではないですが)!!

ワークショップに応募
関連記事