ゾウの「はな子」映画公開決定!制作はココロヲ・動かす・映画館○

ゾウのはな子が映画化されることがわかりました。

制作も映画館もあの映画館

来春、2016年5月に亡くなったゾウのはな子を映画化した『奇跡のゾウ ゾウのはな子が星になった(仮題)』が、公開されることが決定しました。制作も映画館も、何かと話題の吉祥寺新映画館「ココロヲ・動かす・映画社○」。

井の頭自然文化園で飼育され、吉祥寺のシンボルであったゾウのはな子。はな子と人びととの触れ合いを通して、はな子がどのような存在であったか、愛情や友情をテーマに、その記憶を伝える作品を目指します。ドキュメンタリーとアニメーションが融合した、幅広い世代に向けたエンタテインメント作品になるそうです。

駅前のはな子の銅像

またはな子に勇気をもらったというココロヲ・動かす・映画社○代表が、「子供たちにはな子のことをもっと知ってもらいたい」という思いから、吉祥寺にオープン予定のココマルシアター・3F にゾウのはな子を設置。

井の頭自然文化園協力のもと、普段なかなか見ることができない、座った体勢でお出迎えしてくれます。飼育していた方たちにも話を聞き、頭の上に生えている毛や、大きく開けた口の中など細部にもこだわったそうです。

ただ皆さんの気になっている同映画館のオープン日は、まだ発表されていません。

店名 ココロヲ・動かす・映画社○
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目8−15
地図
備考 1F:46席(一般的なシアター)
2F:最大60席(カフェ+シアター)※映画上映時は 45 席程度
3F:上映設備なし(飲食・イベントスペース)
関連記事