新ビアバー「P2B Haus」店員さんとのちょうどいい距離感と最高のクラフトビール

2020年1月7日、吉祥寺は東急裏エリアにオープンしたダイニングビアバー「P2B Haus(ピーツービーハウス) 」。

23時頃にふらっと行ってきたんですが、初入店だし一人だったのに、心から楽しくクラフトビールをいただくことができました。

海外ビールやCOEDO、地元のクラフトビールまで

待ってました!!ってかんじの“ちょうどいいダイニングビアバー”がオープンしちゃいました。

場所は吉祥寺駅から徒歩5分、カフェリゴレットと同じ通りにあります、カスタムピッツア店「CRUST」の跡地です。

店内はカウンター5席、テーブル20席と、それほど広くもなく、店員さんとちょうどいい距離感を保てる広さ

僕はラストオーダーギリギリの時間に行ったのですが、温かく迎え入れていただきました。

カウンター席に着席。目の前には、常時12種類のクラフトビールが楽しめるというビールサーバー。

壁面の使い方とサンプルのディスプレイがとても親切です。

12種類のクラフトビール(写真は1種類が売り切れ)

メニュー

クラフトビールは種類が毎日のように変わりますが、この日に飲めるのは以下でした。

クリックで拡大

個人的に気になったのは、Mountain River Brewery(久我山)。こんな近くにブリュワリーがあったなんて・・・毎日、樽を自転車で届けてくれるそうです。

また個人的にはフルーティーなビールが好きなので、Evolution Craft Brewing(Sサイズ 800円)をオーダー。

COEDOは常時ストックしてるそう。普段飲む機会の少ないローカルクラフトビールまでいただけるのが最高です。

お食事メニューはこちら。

クリックで拡大

ラタトゥイユ(400円)とオススメの自家製サルシッチャ コブミカン風味(800円)をいただくことに。

クラフトビールとビールに合うお食事と

まずはお通しのナッツとEvolution Craft BrewingのStalker Hefeweizen。

くぅ〜〜!!!これはウマい!!!

口にした瞬間、柑橘系の清涼感が口の中いっぱいに広がる!!喉を通り過ぎた後、口内にはバナナやクローブ(西洋料理やエスニック料理によく使われる香辛料)のお味が残ります。

こちらはラタトゥイユ。

トマトの味がしっかり。野菜一つ一つの味と歯ごたえ、酸味、野菜の甘みや香ばしさが楽しめます。

そしてオーナーさんオススメの自家製サルシッチャ コブミカン風味!!

同店のサルシッチャは、皮なしタイプのソーセージ。皮がない分、余計な脂が少なく、少し焦げ目がついているので歯ごたえがあってコブミカンのおかげでさっぱり!

できたてがめちゃくちゃウマい!!

わーこれはやばい。2杯目の超フルーティーなMountain River Breweryと合います。たまりません。

子連れOK!会社帰りに寄りたい

カウンターに座ったのでオーナーさんとずっと話してましたが、「会社員だった頃、こんなお店があったらいいなー を形にした店です。」とおっしゃっていました。

広すぎない店内は、店員さんとの距離感もほどよくコミュニケーションがとりやすい。

オーナーさんも店長さんもスタッフさんもみなさん話しやすく、雰囲気づくりが素晴らしいです。

またお店は16時より営業しているので、ママさんでも利用可能ですよ。子連れにも優しい店作りを目指していくそうです!!

子連れママさん、ウェルカムです。by オーナー

家の近くだったら、仕事帰りに毎日通いたい。

店名 P2B Haus(ピーツービーハウス)
営業時間 16:00-25:00
※深夜営業許可が降りるまでは24時閉店なのでご注意を!
定休日 月曜日
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-2 若松ビル 2F
地図
Instagram インスタへ
関連記事