ダイヤ街に新オープンの「黒糖彪」レポ!唯一無二の新感覚タピオカドリンク

こんにちは、きちこ(@kichikommama)です。
とどまるところを知らないタピオカ旋風!

今回また新たに台湾から日本初上陸のタピオカドリンク専門店「BROWN SUGAR 黒糖彪(ブラウンシュガーコクトウトラ)」がやってきました!

従来のタピオカドリンクとは異なる、他に類を見ない唯一無二のタピオカドリンクがお目見えです。「もうタピオカには飽きたよ〜」って人もちょっと立ち止まってみたくなるはず。

今回はそんな新感覚タピオカドリンクを一足先に試飲させてもらったのでレポしたいと思います。

ダイヤ街に突如現れた黄金の彪

吉祥寺の中でも多くのお店・通行人で溢れるダイヤ街。
そんなダイヤ街に黄金色に輝く彪がインパクト大のお店「黒糖彪」さんが2019年12月20日(金)にオープンします。

この日も多くの人が「いったいこの店はなんだ」と言わんばかりに老若男女立ち止まっていました。
ダイヤ街にこの雰囲気はこれまでなかったので無理もないですよね(^^;

黒糖彪さんは昨今のタピオカドリンクブームの最中、“唯一無二”をコンセプトに『かわいいだけでは物足りなくなった方へ。女性だけでなく、男性やお父さん、お母さんなど広い世代に愛されるブランドでありたい』という想いから、インパクトのある“彪”をモチーフに、海外で約80店舗を展開する台湾発のタピオカドリンク店です。

実はこの黄金に輝く彪は、商品の受け渡し口なんです。彪の上には「勇気があるものは手を入れてみろ」という内容が中国語で書かれています。

こんな感じ。アップで見ると尚更迫力満点。
アミューズメント要素もあって楽しいですね。

黒糖彪のメニュー

どのメニューも500円前後と比較的リーズナブルです。
日本限定メニューもありますね。抹茶は京都産の宇治抹茶を使用しているそうです。

黒糖系以外は甘さの調節ができ、氷の量やトッピングの追加も可能です。
トッピングは、タピオカとピーチゼリー、ミルクフォームの3種類。

黒糖彪こだわりのメニュー3種をレポ!

彪のような模様の新感覚ドリンク「黒糖彪ミルクフラッペ」

はじめに頂いたのは、黒糖彪さんの店名がついた名物メニュー「黒糖彪ミルクフラッペ」です。
まるで虎のような柄のこちらのドリンクは、黒糖で煮込んだタピオカと氷に、黒糖シロップ、ミルクパウダー、紅茶を加えブレンダーにかけているそうです。

そこにプラスして“ボバ”という通常のタピオカよりも大粒のタピオカをトッピング。

粒々とした独特な食感のなかに現れる大粒のタピオカはもちっと柔らか、大小様々なタピオカが口いっぱいに広がり楽しいドリンク。確かにこの食感はこれまでなかった!!

ぜひホットを試してみて!「黒糖タピオカミルク」

お次は「黒糖タピオカミルク」。こちらはホットでいただきました。

私はタピオカドリンクをホットで頂いたことがなかったのですが、これがめちゃくちゃ美味しい!!

もともと大粒で柔らかいタピオカがさらに柔らかもちもち。くどさがないさっぱりとした甘みの黒糖とミルクの旨味があったかくてほっとする味です。
寒い冬にも嬉しい一杯(*^^*)

ちなみにタピオカ量は通常でも多めで、ひとくちストローで吸うと口いっぱいタピオカまみれになれます。

風味豊かな茶葉の味「波覇(ボバ)ミルクティー」

最後に「波覇ミルクティー」をいただきました。
こだわりの茶葉「蜜香紅茶」は蜜のような甘い香りが特徴とのことです。

飲んでみると………すっごい!茶葉が濃厚!!

ナッツのような風味とともに甘い香りを感じられる、深く濃厚なコクでした。

ゴミ問題への取り組みも素敵!

また、タピオカ容器の「ポイ捨て」が話題にもなっていますが、黒糖彪さんではドリンクのカップを返却すると次回使える割引きクーポンと交換してくれるそうです。

こういった取り組みのお店が増えると嬉しいですね。

12/20(金)〜12/22(日)の3日間は今回紹介した3種類のタピオカドリンクが半額です!
是非この機会に行ってみてください♪

店名 BROWN SUGAR 黒糖彪
オープン日 2019年12月20日(金)
営業時間 11:00〜22:00
TEL  0422-27-2047
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-10
地図
関連記事