気軽に入れて本格的。スパイスが優しく香る西荻窪の南インドカレー

こんにちは!ながのです。本日はカレー激戦区の西荻窪で一際個性的な光を放つ南インドカレー&スパイス料理のお店、大岩食堂をご紹介します!

南インドの風を感じられる実直なスパイス料理

雨でも濡れずに行けます

西荻窪駅を降りてマイロードという高架下の商店街を東に歩くとある大岩食堂。(道路ではなく、高架下です!)

ここ10年、増えてきましたがまだまだ貴重な南インド料理屋さん。ご存じの方も多いと思いますが「南インド料理ってなーに?」という方に向けてざっくりとお話しします。

大まかにインド料理を分類しますと北インド料理南インド料理に分かれます。日本で食べられる「インド料理」はほぼ全て北インド料理です。代表的なものはバターチキンやキーマカレーなど。ナッツや乳製品、油が多く使われて、とろみがあり比較的リッチな味わい。チャパティという全粒粉のパンと一緒にいただきます(日本ではナンですね)。

対して南インド料理は野菜を中心としたカレーで、油も少なくサラサラしたカレーです。タマリンドやカレーリーフを多用し、ココナッツなどで爽やかに仕上げたものを多く見かけます。そしてお米(長米)と一緒にいただきます。

さて。というわけで南インド料理です。私大好きです。日本人の口にもよく合うと思うのですよ。
大岩食堂ではレジでオーダーをして、お金を払い着席します。

お弁当で何度かいただいたことがありますが、今回初めてのイートインです。

ミールス(南インド定食)にいくつカレー(おかず)をつけるかを決めます。サンバルとラッサムというカレーがデフォルトで付いてきます。

どれにしよう

+100円というのは「この品を選ぶと追加料金ですよ」という意味です。
いろいろ興味がありますが、まずはスタンダードな南インドチキンカレーにしました。
待つこと5分ほど。。。来ましたーー!

ランチミールス1,080円(980+100円)

早速いただきます!

うまいっ!

配膳され、香りが漂ってきた時点で確信しましたがやっぱりおいしい。

南インド料理の定番というべきサンバル(豆野菜系のカレー)、ラッサム(トマト酸味スープ)がとても本格的。食べ慣れている人はもっと強い味を求めるかもしれませんが、このくらいの加減が日本の気候にはベストだと思います

メインの南インドチキンカレーも柔らかくて下地がしっかりしたおいしいチキン。優しく香るスパイスと惜しみなく使われているカレーリーフがとてもフレッシュです。

そしてなんと言ってもバスマティライス…!単品でいただいても茶碗3杯はイケル炊き具合!
いわゆる高級米なのですが、香りよく、カレーとの馴染みも抜群です。炭水化物の中でもかなり罪なやつです

さて。南インド料理の醍醐味、マゼマゼです。

中盤以降、このカレーたちを混ぜていただきます(最初からでもいいですけど、単品の味わいもいいので)。

このお店ではわかりやすく紙でご説明があります。こういったのはいいですよね。おいしく食べる方法が広まると嬉しい限りです。

ウールガイ

味ヘンにこちらの大根のウールガイが絶妙です。辛酸っぱい大根がピリッといいアクセントになります。食欲増強ですね。

南インド料理はどろんこ遊びをするように手食がオススメなのですが、外食ではいろいろ問題があるのでスプーンで混ぜましょう(お店によってはOKなところもあります。私は他にお客さんがいないときなどは手で食べることがあります)

未だに撮り忘れる…SNSに慣れない…。

食後にチャイをいただきました。(スミマセン…。撮る前に飲み干してしまいました)この時期だからなのか、アイスチャイです。無糖なので、自分で甘さ調節できます。チャイ=大甘と押しつけないところがいいですね。

贅沢を言うと、、、もう少し量を食べたいなーと感じましたが、、おいしいので無問題です!

店内にお酒があちこちに置かれていました。お話を聞くと、夜は日本酒・洋酒に合うスパイス料理をご提供しているのだとか。とても興味ありますね…。お酒好きか方はチェックしてみてください!

西荻窪のカレーレベルを大岩食堂が一層引き上げているのは間違いないです。

ごちそうさまでした!

店名 大岩食堂
営業時間 11:00~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)
定休日 月曜ディナー・木曜
TEL 03-6913-6641
住所 東京都杉並区西荻南3-24-1
地図
食べログ 食べログへ
関連記事