井の頭公園のオススメ花見スポット!場所取り&お役立ち情報まとめ

井の頭公園のオススメ花見スポットや、場所取り情報、お役立ち情報をまとめました。

土日の場所取りは苦しい戦い

例年、花見シーズンとなると、井の頭公園は一年で一番賑わいを見せます。このシーズンの土日ともなると、吉祥寺駅降りて公園に向かう途中の七井橋通りは、なかなか前に進めないほど人が押し寄せます。公園に入ってからはなおさらです。

花見シーズンの七井橋の様子

それぐらい多くの人が花見をしようとやってくるので、あらかじめポイントを抑えておいたほうが快適に花見をすることができると思います!

ということで、今回は毎年のように井の頭公園で花見をする僕がオススメの花見スポットや、お役立ち情報をお伝えします。

場所取り時間帯

まず場所取りの時間帯。もちろんその日の天気によっては状況は変わりますが、以下が目安になるでしょう。

曜日 ベスポジとるには 空いてるところでよければ
平日 8時頃まで 11時頃まで
土日 電車始発で到着 10時頃まで

土日にベストポジションとるには、電車始発で行かないと場所が取れません。空いてる隙間でよければ、10時頃までに行くといいかもしれません。少しは空いてます。

平日でも学生は春休み中だし、けっこう混雑します。

オススメ花見スポット

花見するなら、できるだけ落ち着いた場所でやりたいですよね。

吉祥寺駅から歩いて行って、公園の入口すぐのステージ周辺は、人が多すぎるのでやめたほうがいいです。

ということで、筆者のオススメスポットはここ!!

  1. 文化交流広場
  2. 吉祥寺駅側から七井橋渡りきった側
  3. 三角広場

①と③は、比較的人が少ない場所です。そのかわり吉祥寺駅から遠いです。③であれば井の頭公園駅からすぐ近くですね。子連れや周りを気にせずゆっくりワイワイやりたい場合はオススメ。

花見シーズンの三角広場の様子

②は、吉祥寺駅からアクセスもほどよく、橋を渡るので、ステージ周辺より落ち着いています。トイレも近くにあるし、待ち合わせもしやすいので、できるだけアクセスがいい場所にしたい場合はこちらがオススメ。ただし人気スポットなので、人数多めであれば朝早く場所取りしないとベスポジ取れません。

花見シーズンの七井橋渡りきった側の様子

お役立ち情報

花見に必要なのは、レジャーシート、ゴミ袋、お手拭き、ガムテープ、紙皿、紙コップ、割りばし、お酒等ですよね。これはドン・キホーテが近くにあるので、吉祥寺駅から歩いてくる途中で寄って揃えると便利。

もし吉祥寺で食事を購入するなら、こちら▼がオススメ。アトレ吉祥寺で購入するのもいいかもしれませんね。

また最近は、吉祥寺もUber Eastsを扱うお店が増えてきたので、そういったデリバリーサービスを利用するのも手かもしれません。なかなか届かないかもしれませんが・・・

マナーは守る!

毎年、この時期は井の頭公園のごみの多さが問題になっています。ルールは必ず守るようにお願いします!ゴミの処理は責任を持って持ち帰りましょう。

また井の頭公園の花見宴会は夜10時までです。すぐ近くは住宅街ですので、夜中は騒いではいけません。

ルールやマナーを守って楽しいお花見を★

関連記事