「何着ればいい?」を解決!エディー・バウアーに学ぶ“クールビズ”の着こなし術

今年もクールビズの季節がやってきました。ただスーツ姿に慣れてしまっているビジネスマンにとっては、クールビズをどう着こなせばよいかわからない方も多いでしょう。

そこで今回は、エディー・バウアーさんでクールビズを着こなすにはどうすればいいか伺ってきました!!

普段使いできるシャツをインすればイマドキのクールビズに

「クールビズ」が叫ばれ始めた頃は、色はスーツスタイルと変えずに、無難に“ノーネクタイにする”とか、“ポロシャツを着る”といっただけのスタイルが主流でした。

しかし最近はラフな格好を認める企業も増えてきて、スタイルの幅が広くなりましたよね。

ただスタイルの幅が広くなったのはいいものの、「どんなふうに着こなせばいいの?」問題が発生しますよね。

はい、そこでエディー・バウアーさんにクールビズ着こなし術を伺ってきました。「クールビズって言うけど旦那に何着せればいいのかしら?」と思っている奥さんも必見です。

【メンズ】ボタンダウンシャツ

まずクールビズ定番の生地としては、一般的に言われているのはコットン、リネン(麻)、そしてクールマックス

今夏、エディー・バウアーで最も注目の「3/4スリーブイージーケアフレンチリネンシャンブレーボタンダウンシャツ」(七分袖)は、麻の中でも高品位とされるフランス産リネン(=フレンチリネン)を100%使用していて、肌触りと通気性が抜群にいいです。これプライベートでも使えるし、クールビズとしても使えます。

3/4スリーブイージーケアフレンチリネンシャンブレーボタンダウンシャツ(6,900円税抜)

リネン特有のナチュラルなスラブ感とさらりとした風合いが特徴です。

ちなみによく見てみると、白や黄色などのカラフルな細いラインが。こういった細かい芸がエディー・バウアーのいいところですよね。

筆者が気になるレイクウィンドウペーン(=ブルー)をイケメンスタッフさんに着てもらってみました!!まずカジュアルダウンしたものがこちら。どんなパンツでも似合いますねー。

そして“シャツをパンツにインするだけ”で・・・クールビズスタイルに。お堅い職場では厳しいかもしれませんが、ラフな格好もOKな職場では全く問題ないですね。しかもフレンチリネンだし涼しい。

あとイージーケア加工によりお手入れが簡単で、かつ汗などにおいの発生を抑える抗菌防臭加工も採用しています。

【メンズ】ポロ

シャツだけでなく、ポロもOKという職場も多くなってきました。筆者の職場でもポロOKになりました。

ポロは、普通に着るとITベンチャーにいそうな雰囲気。ただ“ポロをパンツにインするだけ”で、これもまたちゃんとしたクールビズスタイルにもなります。

半袖グラデーションストライプピケポロ(クールプラス (R) 繊維使用)」は、「クールプラス(R)繊維」を使用。汗などの湿気をすばやく拡散し、内側の温度を涼しく快適に保ってくれます。汗っかきの男性にとっては強い味方です。

半袖グラデーションストライプピケポロ (クールプラス (R) 繊維使用)(4,900円税抜)

そしてホワイトからブルーにグラデーションしたポロをジャケットに合わせれば、どんな厳しい職場でも間違いなく注意されることはないでしょう。やっぱりジャケット着ると引き締まりますね〜

ということで、少しラフにしつつもちゃんとエディー・バウアーのシャツをパンツにインするだけで、ビシッときまるクールビズスタイルが完成しますよ!

【ウィメンズ】テーラードジャケット

ウィメンズは、最近ほとんどの職場ではクールビズがあってないようなものですよね。筆者の職場も女性は常識から逸脱しなければもうほぼ自由。

とはいえ商談などきちっとしたいシーンもあるはず。そんなときはジャケット一枚羽織りましょう!!

シアサッカーストレッチブレザー(プライムフレックス(R)ファブリック使用)(15,900円税抜)

シアサッカーストレッチブレザー(プライムフレックス(R)ファブリック使用)」は、体の動きに合わせて伸縮する4WAYストレッチ素材「プライムフレックス(R)」を使用しています。「ストレッチ性」「軽快な着用感」「シアサッカー素材なので快適」という三拍子揃うという機能性に優れたジャケット!!細かいギンガムチェック柄はスカートと合わせても可愛いかもしれませんね。使い勝手がいいので一枚持っておくと便利です。

ちなみに吉祥寺店では「オープン10周年記念スタンプラリー」を開催中です!1回のお買上げ3,000円(税抜)につきスタンプ1個。スタンプ10個で2,000円OFF!

店名エディー・バウアー 吉祥寺店
営業時間10:00~20:00
定休日無休
TEL042-240-5021
住所東京都武蔵野市吉祥寺南町1-16-8
地図
HPeddiebauer.jp
facebookfacebook.com/eddiebauer.jp
Twittertwitter.com/EddieBauerJapan
Instagraminstagram.com/eddiebauerjapan

関連記事