「エディー・バウアー」春コート売れ筋ランキングと編集長の購入レポート

もうすぐ春ですね。公園エリアには古着屋さんやオシャレなメガネ屋さんなど、独特のファッション文化が根付いていますが、アメリカのアウトドアブランド「エディー・バウアー」があるのをご存知ですか?駅から井の頭公園へ行く途中の七井橋通りから脇道に入ったところにあります。そして同店は今年、なんとオープンしてから10周年を迎えようとしています。そんなに長く営業していたなんて知らなかったですよね。

エディー・バウアーはご存知、アメリカのアウトドアブランドで、カジュアルスタイルから、アクティブなアウトドアスタイル、トラベルスタイルまで、幅広いスタイルの着こなしが楽しめる機能性と実用性を兼ね備えたアイテムを取り揃えています。

筆者はアウトドアというよりインドア派なので、今まで同店にお世話になったことはなかったのですが、スプリングコートが気になり、お店に伺ってきました!

ハーフコートとショートコートが安くて使い勝手がバツグン!!

全国に店舗が数多くあるエディー・バウアーですが、中でも吉祥寺店は珍しくも路面店。そして唯一、フラッグシップストア新宿サザンテラスとこの吉祥寺店だけが、ヘリテージウィンドウでアーカイブをディスプレイしているお店なんです。つまり新宿店と吉祥寺店に行けばブランドのヒストリーをすぐさま感じることができます。

1階はメンズ、2階がレディースを扱っていますが、2階へ上る階段には、同社のアーカイブがそのままディスプレイされています。

60年代モデルのダウンジャケット

階段の壁には、創業当時の写真など貴重な写真が壁にかけてあって、インスタ映え間違いなし!!スタッフさんに声さえかければ、ここで写真撮ることもOKとのこと!

この時期になると、やはりスプリングコートが欲しくなりますよね。同社では撥水性を持たせたハーフコートとショートコートが発売されました。色がすごく良くて、筆者も気になったので着てみました。そして買っちゃいました。売れ筋の色ランキングも伺ってきたのでご紹介します!!

メンズ(エディー=創業者の名前)

エディーズハーフコート(11,900円税抜)

半背裏に肌ばなれの良いメッシュ素材を使用し、脇下に設けた4つ穴が着用時の通気性を保ってくれます。カラーはディジョン(イエロー)、とブルートパーズ(ブルー)に、グリーン系のパイン(グリーン)、ベージュ系のオイスターを加えた4色展開。ビジネスシーン向きのコートです。

1位 オイスター(ベージュ)

2位 ブルートパーズ(ブルー)

筆者が試着

で、筆者が買ったのはこちら。マスタードのような色で、黄色ながら落ち着いています。パンツの黒と相性がすごくいい気がする!!ってことで購入決定!!

いい色!!

エディーズスタンドカラーショートコート(11,900円税抜)

そしてショートコートは、丈が少し短く、カジュアルなのでプライベート向きです。両胸の内ポケットに加え、脇の切り替え部分にもハンドウォーマーを兼ねたスラッシュポケットが付いてます。カラーは、シエナ(オレンジ)とアトランティック(ネイビー)にベージュ系のクラウド、カーキ系の ダークタイムを加えた4色を展開。カジュアルシーン向きです。

1位 シエナ(オレンジ)

2位 アトランティック(ネイビー)

レディース(クリスティン=創業者エディーの奥さんの名前)

クリスティンスタンドカラーコート(11,900円税抜)

ソフトでしなやかな肌触りのコットンナイロンの表地に耐久撥水性を持たせたベーシックなコート。使い勝手がいい定番の人気スプリングコートです。すっきりと縦長シルエットに見えるデザインなので、細身に見えます。ライトカーキとフレンチブルーにオレンジ、ネイビーを加えた4色展開。

1位 フレンチブルー

お店のスタッフさんに着ていただきました

2位 ライトカーキ

クリスティンショートコート(13,900円税抜)

柔らかでややテクスチャー感のあるコットンナイロンの表地に、耐久撥水性を持たせたショート丈のコート。 衿を取り外せばノーカラーコートとして違ったコーディネートが楽しめます。サイドには釦付きのベンツデザインが取り入れられています。カラーはセリス(レッド)とユーカリ(カーキグリーン)に、 ベージュ系のプミスを加えた3色展開。

1位 セリス(レッド)

お店のスタッフさんに着ていただきました

2位 ユーカリ(カーキグリーン)

正直、おじさんイメージの強いブランドだったのですが、リーズナブルでかつカラーがとても綺麗なコートだったので、思わず購入してしまいました。

店名 エディー・バウアー 吉祥寺店
営業時間 10:00~20:00
定休日 無休
TEL 042-240-5021
住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-16-8
地図
HP eddiebauer.jp
facebook facebook.com/eddiebauer.jp
Twitter twitter.com/EddieBauerJapan
Instagram instagram.com/eddiebauerjapan

関連記事