グルメニューオープン・閉店

ハモニカ「NOBU Cafe」跡地にまさかの焼小籠包店がいつのまにかオープン

ハーモニカ横丁の「NOBU Cafe」跡地にまさかの焼小籠包のがオープンしてました。

なぜ上海焼き小籠包のそばに…

6月末、ハーモニカ横丁内のベーカリーカフェ「NOBU Cafe」が閉店しましたが、その跡地に台湾焼小籠包店がオープンしていました。

ハーモニカ横丁内のパン食べ放題ランチのパン屋さんが閉店

店名はそのまま「台湾焼小籠包」。スタッフは台湾の方っぽいです。

メニューは、「台湾牛肉焼小籠包」(5個380円)、「台湾海鮮焼小籠包」(5個380円)、「台湾豚肉焼小籠包」(5個380円)、「台湾かに焼小籠包」(5個380円)など。

しかしハーモニカ横丁には、みなさんご存知で人気の「上海焼き小籠包」がすでにあります。間違いなく競合しそうなこの場所になぜ…少し疑問が残りますね。

ちなみに先日、12:30頃にお店の前を通った際は開いてなかったのでなぜ?と思ったのですが、営業時間が15時〜なんですね。お酒も飲めるので、飲みたい方向けのお店のようです。

店名 台湾焼小龍包
営業時間 15:00~22:30(L.O.20:30)
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3
地図
The following two tabs change content below.
編集長

編集長

吉ファンの編集長・山岸学です。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

北欧雑貨「ソストレーネグレーネ」は4つの点でフライングタイガーに激似

次の記事

カレルチャペック「あり得ない濃さのアイスミルクティー」発売!濃さ15倍も