グルメ

吉祥寺をテーマにしたクラフトビールに2種類の仲間が登場

昨年、吉祥寺のクラフトビール「吉祥寺セッションIPA」が発売されましたが、さらに2種類の仲間が登場しました。

地元のクラフトビールに仲間が追加

吉祥寺界隈は、最近クラフトビール店が一気に増えました。その代表的な流れとして、昨年「吉祥寺セッションIPA」が発売されました。吉祥寺においてクラフトビールを通じ、人と人のコミュニケーションを活発化するべく誕生したビールです。

井の頭公園を散歩しながら飲むためのビール「吉祥寺セッションIPA」発売

そして最近、「吉祥寺セッションIPA」に続くビールが登場!以下の2種類のビール「ビアカフェ Camiya」で飲むことができます。

以下は、実際にビールを造られているCool air one Brewingさんよりご紹介いただきました!

吉祥寺ウィートIPA

ウィートモルトを約50%使用し、ホップを大量に投入、日本ではあまり例を見ない、苦味を感じさせつつも小麦の柔らかさも出るように仕上げました。後味のキレのよさを出すためにサワーモルト(Acid Malts)を使いドリンカブルに、ハイアルコールでホッピーなWheat IPAを造りました。

ウィートエールやホワイトビールが苦手な人でも小麦を使ったビールを好きになって欲しいという想いから考えたビールであり、IPA好きな人の新しい道となるようなWheat IPA Styleです。

色は白く濁った明るい黄色、シトラスやグレープフルーツの柑橘香に加え、トロピカルフルーツの様な華やかな香り、IPAをも思わせるしっかりとした苦味をもつWheat IPAです。 小麦好きはもちろんIPA好きな方にも飲んで欲しいビールです。

吉祥寺ブロンドエール

今年で100周年を迎える「井の頭恩賜公園」の賑やかさをイメージしてアロマに柑橘系ホップを使い香り豊かで飲みやすくなるように造りました。 また、このビールはアルコール度数高めのベルジャンスタイルとは異なるアメリカンスタイルのブロンドエールで、アルコール度数は低め、ライトからミディアムボディのラガーのようなスッキリした味わいに仕上げました。

いつでも賑わいをみせる井の頭公園を表現したビールがこのAmerican Blonde Ale Styleであり、アロマホップによる柑橘香で賑やかさを出しました。

色は輝きのある淡いゴールド、ホップの爽やかさとレモンのような柑橘系の香りが感じられ、フレッシュでフルーティー、新緑の眩しい公園でみんなでわいわいと飲んで欲しいアメリカン ブロンドエールです。

ビアカフェ Camiyaさんでいただきましょう!!

Beer cafe Camiya (ビアカフェ カミヤ) 
営業時間 月~土 11:00-24:00(lo 23:30)日・祝日 11:00-22:00(lo 21:30) 月曜祝日の場合の日曜は 11:00-24:00(lo 23:30)
定 休 日 年中無休
住   所 東京都武蔵野市吉祥寺東町 2-31-12 ワイエ吉祥寺
電   話 0422-27-5718
The following two tabs change content below.
編集長

編集長

吉ファンの編集長・山岸学です。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

井の頭通りにピザ専門店がオープンか→古谷学園のカフェだった!

次の記事

「カフェゼノン」が土日限定モーニングをスタート!朝パフェとは?