三鷹に新オープンのコーヒースタンド「Rowans coffee」手作り焼き菓子と楽しむ

こんにちは!吉ファンライターのShizuka(@shizukaeditor)です。

おしゃれ系ファミレス「むさしの森珈琲店」や手作りサンドイッチ店「パイナップルフィールド」など、新店ラッシュが続く三鷹北口の西久保エリア。

賑わいを見せる本界隈に2021年4月、コーヒースタンド「Rowans coffee(ロワンズコーヒー)」が新オープン!!

お散歩中の休憩や、サクッとテイクアウトするのにうってつけのお店です。

早速ご紹介していきます(*´∀`*)

ふらり立ち寄りたいコーヒースタンド

 

三鷹駅北口より徒歩13分。住宅と商店が連なる「三谷通り」の中央に佇む、白いテントに覆われた建物が「ロワンズコーヒー」です!

 

店内は入り口より右手にテーブル3つのイートインスペース、左手に注文カウンターが並ぶミニマム空間。

木目調のインテリアと南国風の壁板は明るさを演出し、異国のような風合いが感じられます。

 

ハンドドリップ、エスプレッソの本格コーヒー

 

訪れた日は焼き菓子3種類、飲み物9種類(コーヒー5種類、ソフトドリンク4種類)がありました。

こちらのコーヒーメニュー、全てお店オリジナルの「ロワンズブレンド」を使用しているんだそうです!(以下、お値段と特徴をご紹介)

手作りの焼き菓子は日ごとに変わり(無いときもあるそうです)、

この日はマフィン、グラノーラ、ビスコッティがありました。

飲み物はロワンズラテ(アイス)を、焼き菓子はマフィングラノーラを購入してみました!

ミルクの甘さ感じる爽快ラテ

早速、ドリンクからいただいてみます。並々注がれています!!

ひと口ストローで吸うと、甘いミルクがふわっとやってきました!!

後からほんのりエスプレッソの苦味がやってきます。

飲み心地がよく、たっぷりの量もあっという間に減っていきました…!!

Rowans coffeeのロゴ

ちなみにコーヒーカップや商品のパッケージにデザインされたレースのような輪っか模様は、

店名Rowan(英名)が意味するバラ科ナナカマドというお花をイメージして考案されたんだそう!

店内にはドライフラワーが点在し、お花が散りばめられた空間に和みました♪( ´▽`)

 

コーヒーを楽しむための焼き菓子

焼き菓子2種類もいただいてみます!まずはマフィン。

バナナと黒糖のマフィン(税込380円)

半分に割ると、中にはたっぷり完熟バナナが入っていました!!

生地には黒糖が使用され、こっくりとした優しい甘さが口に広がります。

素朴な味は飲み物の味わいを引き立て、まさにコーヒーを楽しむためのお菓子だと思いました( ´ ▽ ` )

続いてはグラノーラバーをいただきます。

グラノーラバー(税込390円)

グラノーラの特有のザクザク、歯応えが楽しいです!!

蜂蜜「マヌカハニー」の自然な甘味が加わって、こちらもシンプルな味わいが魅力的。

栄養価が高く、小腹が空いたときにも食べたいそんな焼き菓子でした。

三谷通りテイクアウト商品、一部持ち込み可能!

大きな窓から木漏れ日を浴び、時間を忘れてひと休みできました。

イートイン中、「マフィンのお味はどうですか?」「グラノーラバー、おいしいですか」

と店主さんがタイミングよく声をかけてくださり、束の間のおしゃべりが楽しめました。

数名の方がテイクアウト利用されており、常連さんもいらっしゃいました!通りに溶け込むコーヒースタンドになっている様子です♪

コーヒーグッズも購入可能

ちなみに現在、近隣のテイクアウト軽食(パイナップルフィールド、コティ、ロンポワン、カラスパン、古今食堂のサンドイッチとプリンなど)に限り持ち込みがOKだそうです!※詳細はお店のInstagramを確認

ぜひ三谷通りで買い物した際のひと休憩や、コーヒーが飲みたいときに立ち寄ってみてください♪

最後までありがとうございました。

店名Rowans coffee(ロワンズコーヒー)
営業時間11:00〜17:00
定休日日、月曜、不定休
住所〒180-0013
東京都武蔵野市西久保2-22-2
地図
Instagram@_rowanscoffee_