西野亮廣氏の絵本「えんとつ町のプペル」吉祥寺のCAFE&WEDDING22で上映会開催

2019年4月7日(日)、キングコング西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」の短編VR映画上映会がCAFE&WEDDING22にて開催されます!

料金が他と比べて安い!

お台場や、横浜で開催された「えんとつ町のプペル」のVR映画(通称:VRシアター)が、4月7日(日)11:00~21:00限定で吉祥寺にやってきます。場所はCAFE&WEDDING22

料金は吉祥寺のみの限定価格 大人1,000円 小学生500円!お台場は大人1,300円や横浜は大人1,400円なので、吉祥寺が他より安いことがわかります。

なぜ同店で「えんとつ町のプペル」が上映されることになったかというと、オーナーの白木さんが西野亮廣の著書のファンで、西野氏の立ち上げたシルクハット(クラウドファンディングのサイト)に登録したことがきっかけ。

【えんとつ町のプペルVRシアターを日本全国で開催したい!】という萱嶋崇さんのプロジェクトが面白そうだと思い、クラウドファンディングでVRシアターの一日開催権を支援したことで、今回の開催が実現したとのこと。

CAFE&WEDDING22は新しいトレンドや面白いことを発信できる吉祥寺のカフェになりたいと思っており、カフェのVRシアターという新しい体験を提供したいという思いで開催するそうです。

「えんとつ町のプペル」とは?

「えんとつ町のプペル」とは、キングコング西野亮廣さんが脚本・監督となり制作した絵本。

― あらすじ ―

煙突だらけの町「えんとつ町」は煙突からでる黒い煙にとじこめられて、そこに暮らす住人は青い空や、輝く星を知りません。

空の概念がないので見上げることもしません。

そんな町に突如現れたゴミ人間プペルと、その友達の少年ルビッチは、それでも空を見上げるもんだから、町から袋叩きに逢ってしまいます。

そんな中であっても、常に夢を信じぬいた二人に起こる奇跡の物語。

今回のイベントはその絵本のストーリーをVRシアターで再現した短編映画となっています。絵本の全ページはこちらで無料公開されています。VRシアターを見る前に是非ご覧下さい。大人も思わず涙してしまう素敵な作品です。

事前予約受け付けてますが、当日参加もOKです。

イベント名 えんとつ町のプペルVRシアター in 吉祥寺
日時 2019年4月7日(日)11:00~21:00 毎時00分開催
時間 所要時間:30分 上映:15分
場所 吉祥寺駅徒歩5分 CAFE&WEDDING22
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-12-6 グラニコビルB1
地図
料金 大人1,000円 小学生500円(税込) 対象年齢:7歳以上 ※ご来店時に現金にてお支払い下さい。
予約・詳細 事前予約・詳細はコチラ
関連記事