新オープンの「029吉祥寺食堂」レポート!牛100%の肉汁なき旨味バーグが絶品

さぁさぁ美味しいお肉のお店「029吉祥寺食堂」がオープンです!プレオープンでいただいてきちゃいました!!

肉の旨味を閉じ込め

2018年8月7日(水)、旅人食堂があった建物の1階部分に、美味しいお肉のお店「029吉祥寺食堂」がオープン。プレオープン期間中に定食をいただいてきました!!楽しみだったんですよね〜

店内は、白と木目を基調とした清潔感あふれる雰囲気。席は30席ちょい。

メニューは、大きく分けて「」、「」、「」、「」、「(←おつまみの意)」の5種類に分けられます。

同店の名物は、「牛タンひつまぶし」(定食1,680円)。他にも牛のメニューは、「和牛 薄切りステーキ(150g)」(定食1,980円 単品1,680円)、「和風ハンバーグ」(定食1,260円 単品980円)、「チーズハンバーグ」(定食1,350円 単品1,050円)、「Wカルビ」(定食1,300円 単品1,000円)などなど。

豚のメニューは、「骨付きポークリブ」(定食1,200円 単品900円)、「秘伝 厚切りロースの味噌漬け」(定食980円 単品750円)など。

鶏は、「美桜鶏の和風ガーリックチキン」(定食1,100円 単品800円)や「鶏の唐揚げ(塩ダレ or 辛だれ)」(定食900円 単品700円)など

あとは写真を拡大して参照してね!

筆者は、名物の「牛タンひつまぶし」か大好きな「チーズハンバーグ」で迷ったのですが、編集長なのに写真映えとか度外視して、胃袋が食べたいと言ってるチーズハンバーグの定食をオーダー

10分ぐらいで出てきたのがこちら。定食にはご飯と味噌汁がついてきます。

はい、“映え”はバッチリ。ハンバーグの上のチーズが美しいです。

あとはプチトマトとコーン、マッシュポテトがのってます。

それでは、いただきます!!実食!!

甘めの和風のようなソース。ナイフでハンバーグを切ると・・・肉汁が・・・出ない!!!

そう、肉汁なきハンバーグでした。

一説によると、「本当に美味しいハンバーグは切った時に肉汁が出ない」そうですね。切った時に肉汁が出るということは、お肉の旨味が水分と一緒に逃げてしまっている状態だそう。

それが本当かはわかりませんが、牛100%の旨味がしっかり閉じ込められているのは確認しました!!!

ウマい!!!しっかりしたお肉はチーズと甘めのソースが最高に合います。チーズと甘めのソースの組み合わせはアートだと思います。

ご飯はちょっとかためでしたが、かためが好きなのでドンドン進みました。最高です!!

ごちそうさまでした。

今度は牛タンのひつまぶしをいただきます!

店名 029吉祥寺食堂
営業時間 11:30~22:00
定休日 月曜日
住所 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-6-1 入江ビル1階
地図
禁煙・喫煙 完全禁煙
関連記事