ショップライフスタイル

繁盛していないように見える吉祥寺の時計店が遠くから人を寄せ付ける理由

五日市街道にあるヴィンテージウォッチを主に扱う「江口洋品店・江口時計店」をご存知でしょうか?ヴィンテージウォッチやヴィンテージの洋服を扱っていますが、吉祥寺よりも23区内からお客さんがよく来るそうです。

どんな時計でも直せる“街の時計屋”を目指す

2016年1月にいつのまにかオープンしていた、ヴィンテージウォッチを主に扱う「江口洋品店・江口時計店」に行ってきたのですが、思った以上にちゃんとした時計店だったのでご紹介します。

同店は駅から徒歩7分、五日市街道沿いにありますが、吉祥寺でご存知の方は少ないでしょう。それもそのはず、今までは吉祥寺ではなく青山などをメインに商売をしてきたそうです。オーナーの江口大介さんによると、「地元の吉祥寺に街の時計屋さんをオープンしたい」という思いから、本業の方が落ち着いてきたタイミングで同店をオープンさせたとのこと。

吉祥寺では、時計の修理ができるところは多々ありますが、本当に“なんでも直せる時計の修理屋さん”はほとんどありません。江口さん曰く吉祥寺には2店舗のみ。その1店舗が同店というわけ。駅から近いところにある時計の修理屋さんは、その場で修理できるかどうかもわかりません。一旦、工場に持っていってそこで見積もりした後、修理します。しかも直せる時計というのはかなり限られます。ブランドによっては、パーツがないので直せないということも多々あります。

一方、「江口洋品店・江口時計店」は、オーバーホールや修理をその場で相談できる、時計技師常時在籍の時計工房を併設。つまりその場で見積もり、どのぐらいで修理できるかがすぐにわかります。早ければ見積もりから最短2週間で修理できます。1940年代以降に作られたヴィンテージウォッチを始め、 現代の腕時計も、 豊富なパーツ入手先やパーツ製作を踏まえて修理が出来る為、 過去にお断りした案件は数件程度との事

“なんでも直せる時計屋”ということで、特にヴィンテージウォッチが好きな方々は、噂を聞きつけて23区など遠くから足を運ぶそうです。「直してくれるかわからないところに修理依頼するよりは、江口さんにお願いする。」というお客さんが多いとか。江口さんは、「時計の事を何でも相談できる様な、 吉祥寺の町の時計屋を目指したい」と、今後の展望を語ってくれました。

ちなみに同店はヴィンテージ時計の卸売が本業で、ヴィンテージウォッチを目当てに遠くからやってくるお客さんも多いそうです。ヴィンテージウォッチは、現代の時計より完成度が高いし質感が上がります。一度、見に来てみてはいかがでしょうか?

店名 江口洋品店・江口時計店
営業時間 11:00〜19:00
定休日 火曜日
TEL 0422-27-2900
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-34-11本橋ビル1F
地図
HP eguchi-store.jp
The following two tabs change content below.
編集長

編集長

吉ファンの編集長・山岸学です。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

吉祥寺駅徒歩13分のラーメン店「Tombo」に大行列!待ち1時間食べてきた

次の記事

Wi-Fiも電源もない女性限定コワーキングスペースが吉祥寺のカフェ内にオープン