創業19年の地元に愛された超人気フレンチの一軒家レストランが閉店へ

最近は衝撃の閉店ニュースのオンパレード。今回も悲しいお知らせをしなくてはなりません。

老舗レストランの閉店ラッシュ

6月12日(月)のランチ営業をもって、フレンチの一軒家レストラン「ラパン・アジル」が閉店することになりました。

同店は、あたたかく落ち着いた一軒家レストランで、旬素材を使ったフレンチを満喫することができる本格フレンチがいただけます。平成10年5月にオープンして以来、19年間に渡って地元に愛され続けてきました。

以下、お知らせより。

《閉店のお知らせ》
ラパンアジルは6月12日(月)のランチ営業をもちまして閉店させて頂くことになりました。
平成10年5月のオープン以来19年間にわたり、たくさんの皆様からご愛顧頂きましたこと、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。 ラパンアジル一同

先月、老舗洋食レストラン「シャポールージュ(旧バンビ)」と南仏イタリア食堂「TALK BACK Bicoque」が閉店しましたが、これに続きまさかの「ラパン・アジル」さんの閉店ニュース。

創業56年の地元に愛された超人気の老舗洋食レストランが閉店へ

創業23年の地元に愛された南仏イタリアン食堂が閉店へ

地元に親しまれてきたレストランが閉店していくのは、やはり寂しいものですね。

関連記事