キラリナB1Fリニューアルはかなり先になる見通し…その驚きの理由とは?

キラリナB1Fの「フードパルク」がリニューアルをするとして一旦全店舗が閉店しましたが、リニューアルオープンがかなり先になりそうです。

IMG_7674

集客力に欠けるのは動線が大きい

キラリナの地下1階にある「フードパルク」が、一時休業しました。1月17日(日)に、B1Fフードパルク ウエストが、1月31日(日)にB1Fフードパルク イーストが一時休業(営業終了)です。

今のところリニューアルオープンは、2016年夏としていますが、なぜそんな先になるのでしょうか?

IMG_7673

京王電鉄によると、「キラリナ地下1階全体が生まれ変わるよう、テナントのラインアップを検討している」段階のようで、まだ入居テナントが決まっていません。今までの店舗を戻すかどうかも決まっておらず、現時点で計画が白紙状態。だから「夏開業予定」と明確にされてないんです。

こうなってしまったのも、キラリナ地下1階への動線が問題の1つとして挙げられるでしょう。アトレは改札を出ればすぐに足を踏み入れることができるのに対して、キラリナ地下1階は改札口からのアクセスが悪い。改札出てからエスカレーターで下っていけば到着…しないんですよ。迂回しないとたどり着けませんでした。

foodparc

アトレではなくキラリナに行きたいと思わせてくれるようなラインナップにできるよう、抜本的な改革を期待したいですね!

関連記事