グルメ

早速、仕事帰りにハモニカの銀だこハイボール酒場で一人飲みしてきた!

9月8日(火)、ハモニカ横丁の入口にオープンした立ち飲み酒場「銀だこハイボール酒場」に行ってみました!仕事帰りに1人もしくは少人数でちょっとだけ飲むにはもってこいです。

gindako3

ビールとおつまみ頼んでもお札1枚でお釣りあり

9月8日(火)、吉祥寺駅北口を出てすぐのハモニカ横丁入口に立ち飲み酒場「銀だこハイボール酒場」がオープンしました。筆者も早速、仕事帰りに寄って、一杯だけビールを楽しみました。

ginfdako4

吉祥寺のハモニカ横丁は、狭いスペースを最大限に活用するため、立ち飲み店が多くあります。そんな立ち飲み激戦区に殴り込みをかけてきたのが「銀だこハイボール酒場」。チェーン店なのでご存知の方も多いでしょうし、他のエリアで利用したことがある方も多いとは思いますが、筆者は利用したことがなかったので、仕事帰りに早速行ってきました!

店内には6つのテーブルがあり、1人〜4人ほどで一つのテーブルを囲みます。スペースが狭いので、4人✕6テーブルのフルで埋まってしまうと、身動きがとれなくなってしまうでしょう。(定員は30名のようです)

gindako1

筆者は、「ザ・プレミアム・モルツ」(440円)と「たこ焼き(4個)」(310円)をオーダー(ハイボールは苦手なので飲みませんでした)。カリカリに焼けたアツアツのたこ焼きをいただきながら、ビールをグビグビっと一気に飲み干しました。美味すぎる。この満足感はなんでしょう。一人でもここまで食を楽しめるものなのか!

gindako2

家では家族が待っているので、滞在時間は20分ほど。20〜30分ぐらいで、お酒を少しだけ楽しんで帰るにはもってこいですね。

複数人で寄って、狭いスペースで肩を寄せあい、盃を交わすのも一つの手かもしれませんね。

築地銀だこハイボール酒場 吉祥寺ハモニカ横丁店
営業時間 11:00〜23:00
住   所 東京都武蔵野市吉祥寺本町 1-1-3
電   話 03-3553-8885

インスタグラムはじめました!毎日更新中

Instagram
A Tree tokyo
The following two tabs change content below.
吉ファン代表

吉ファン代表

吉ファンの代表・山岸学です。会社員ブロガー兼デザイナーです。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。家庭では二児のパパとして奮闘しています。吉祥寺と同じぐらいアップル製品が好きで、趣味の一つです。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

【速報】これは期待大!吉祥寺ロフト前のプチロード入口ビルにできるお店は…

次の記事

都内No.1のケーキ屋「アテスウェイ」土日は大行列!早く買う方法とは?