武蔵境に複合施設「hocco」完成!自然ある広場とキッチンカーやカフェも

桜堤にオープンしたhocco

こんにちは!吉ファンライターのShizuka(@shizukaeditor)です。

2021年10月1日(金)、武蔵境の桜堤エリアに複合施設「hocco(ホッコ)」がオープンしました。

現在は入居者を募集中で、カフェや雑貨店など生活に密着したお店が今後入店する予定!

中央の広場には日替わりのキッチンカーが出店しており、食事利用と合わせて施設の様子をのぞいてきました♪( ´▽`)

「なりわい暮らし」hoccoとは?

hoccoのイメージポスター

hoccoは小田急バス株式会社が開業した「なりわい暮らし」の商業施設。

敷地は中央の広場を囲うように、店舗兼住居5戸と住居8戸の計13戸で構成されており、現在は入居者を募集中!

建物はカフェや雑貨販売などの「なりわい」と芸術等のアトリエ空間が生まれるような間取りになっており、地域の方が身近に立ち寄れるようなコミュニティ創出を目指しているのだそうです♪

入居者以外も使用できるシェアサイクル
amazon宅配ボックスと自販機

バスや自転車が多く行き交う桜堤エリア。今回のオープンに合わせて敷地内にバス降車場「桜堤上水端 hocco」が設置されました!

入居者以外の方も利用可能なシェアサイクル等が設けられ、生活がより便利になりそうな雰囲気。

伺った際には入居を検討されている方が見学にいらしているほか、お近くにお住まいのファミリーやカップルが出店中のキッチンカーで購入した食事を楽しまれていました♪

なりわい暮らしの創出、今後が楽しみです。

日替わりキッチンカーと自然ある広場

広場に出店するキッチンカー
ロイヤルミルクティー(税込350円)、プーティンポテト(税込650円)

この日は多摩エリア(東京30市町村)を中心にキッチンカーを走らせる「POTEPOTE」が出店していました。

「プーティンポテト」というチーズをたっぷりかけたフライドポテトをメインに、パスタや甘いドリンクが並んでいました。

hocco内にはベンチが複数あり、お隣の公園と仙川緑道に沿う木々を眼前に開放的な空気を吸うことができました(*´∀`*)

施設近くの仙川緑道

アクセスはJR、西武線武蔵境駅からバスで12分、終点「桜堤上水端 hocco」で下車。もしくはJR東小金井駅から徒歩15分で行くことができます。

※テナント募集、キッチンカーの出店情報についてはhocco公式サイトをチェック!

新しいお出かけ場所として、ぜひ利用してみてくださいね。

最後までありがとうございました。

店名 hocco
住所 〒180-0021
東京都武蔵野市桜堤2-6-19
地図
公式サイト www.odakyubus.co.jp/hocco/
Instagram @hocco_official