吉祥寺パルコに新オープンのワーキングスペース「SkiiMa(スキーマ)」全貌大公開!

2021年4月12日(月)、吉祥寺パルコの8階にコミュニティ型ワーキングスペース「SkiiMa(スキーマ)」がオープンします。内覧会で伺ってきたので早速レポ!!

本当に面白い場所がオープンしましたよ…

クリエイターが集まり新しいものを生み出す場所に

吉祥寺パルコの8階でスシローと同じフロアにオープンする「SkiiMa(スキーマ)」。

SkiiMa(スキーマ)は、1号店は心斎橋で吉祥寺が2号店、関東としては初出店に。MIRAI-INSTITUTE株式会社が運営パートナーとなり、シェアオフィス「みどり荘」のスタッフさんが同店のコミュニティマネージャーとして参画します。

職住近接な街の特性に合わせ、クリエイター・事業者・地域にお住いの方々と、この街を拠点にする多様な皆様の活動拠点となるよう、様々なファシリティ・プランが準備されています。

ヒトやモノが行き交う刺激溢れる空間の中で、「好き」なことを磨き、仲間と共に「好き」を形にできる場所。

内装には、コンテナやアルミサッシなど工業素材を組み合わせた机や什器、ブロックを組み合わせた壁面など、新たな発想が生まれるワークスぺース作りにチャレンジ。この場所が、単なる働く場という枠を超え、地域の新しいコミュニケーションの場所となることを目指します。

記者会見でみどり荘のプロデューサーである黒崎氏は、「何をして生計を立てているかわからないような、インパクトのある人を集めて、ここから何か新しいものを作っていきたい。」と意気込んでいらっしゃったのが印象的でした。

左から、株式会社パルコ常務執行役・泉水隆氏、流石創造集団代表の黒崎輝男氏、MIRAI-INSTITUTE株式会社代表・小柴美保氏

株式会社パルコの常務執行役・泉水氏も「ワーキングスペースはレッドオーシャンに変わりつつあるマーケットだが、パルコとしてはアートとかカルチャーといった面白い情報発信の場にしたいと考えている。」とコメント。

プラン内容

多様な働き方に対応できるよう、様々な月額プランや一時利用プランが用意されています。昼間人口が多い吉祥寺に合わせ、デイタイムプランの他、地域コミュニティや習い事教室の活動拠点として、会議室の長期予約が可能なプランも新設。もちろん一時利用も可能で、リモートワークの拠点としても利用できます。

具体的には以下のとおり。

プラン 利用時間 利用料金(税込) 利用エリア
月額 フリーアドレス 9:00〜23:00 27,500円/月 フリーアドレス
ナイト&ホリデイ 平日 17:00〜23:00
土日祝 9:00〜23:00
16,500円/月 フリーアドレス
デイタイム 平日10:00〜18:00 22,000円/月 フリーアドレス
一時 ドロップイン利用 10:00〜18:00 1,100円/2時間
2,200円/1日
フリーアドレス
ドロップイン利用 回数券 10:00〜18:00 1日利用×6回分
11,000円
フリーアドレス

個室・固定デスクプランや法人プランについては、店頭でご確認ください。

人と人がつながる要素が散りばめられた場所

受付でチェックインを済まし、入店すると・・・センス溢れるパルコカラーのインテリアで整えられた広い空間!そして新たな発想が生み出せるよう併設された白いアートウォールが目を引きます。

ここがフリーアドレスエリア。一時利用や月額プランの人は基本的にここで利用することに。

ワーキングスペースであれば必須要件の電源・Wi-Fiは、もちろん完備。

フリーアドレスエリア

フリーアドレスエリアは、大きなテーブルをグループで利用したり、半個室エリアは一人で利用も可能。多くのメンバーが快適に過ごせるよう、開放的な雰囲気を創り出しています。

また半個室のスペースもあり、ここはオンライン会議や一人作業用に。

よく見てみると、小学校の先生が使っていたようなデスク!!懐かしさと新しさの融合

写真の奥に見えるのがアートウォールで、プロジェクターで映像を映し出したり、ギャラリーにしたりとあらゆる可能性を秘めている””。今後、このスペースを利用して沢山のイベントが開催されていくそう。ここで映画鑑賞会やってほしい…

ちなみにソファの下に敷いてあるのは、運送屋さんが使うパレットです。”昔使ってたものを新しくあつらえる”を実現しているのだとか。至るところにこういったユーモアがあり、それをチェックするだけでも面白いですよ!!!

そして特に目を引くのがコレクションブース!!ここ、ただの棚ではないです。一つ一つがレンタルスペースになります。棚一つを借りて、自分の作品やコレクションなどを売買できるのようになります。

棚に作品を飾った人からコミュニティが形成されることもあるでしょう。ただの棚ではなく、発信の場になるわけです。

キッチン

キッチンも併設されてり、その日に出会った会員同士が、コミュニティランチとして”同じ窯の飯を食う”という使い方も。このキッチンで調理しても良いし、スシローでテイクアウトしてこのエリアで食べても良いし、使い方は様々!

コーヒー(コーヒーメーカーあり)や水(ウォーターサーバーあり)は自由に飲むことができます。

フリーアドレス(集中用)

フリーアドレスのエリアは奥にもあります。ここは作業に集中したい人向け。入口付近の広いスペースは作業もできますが、多くの人がコミュニケーションする場でもあるので、静かな場所で作業したくなったらこちらへ移動を。

会議室

会議室は4名×2部屋、6名×1部屋の3部屋。ここはワーキンスペースとは別の扱いで、ワーキンスペースの利用がなくても、予約して料金を支払えば、誰でも利用できるスペースです。公式HPから予約をお願いします。

固定デスク

ここは月額会員の固定デスク。あえてシンプルにしており、会員による個性的な棚がつくられていくことでしょう。

個室ブース

こちらも月額の個室デスクプランですが、圧倒的な””!!!もし法人のロゴ(看板)を飾りたい場合は、コミュニティマネージャーにご相談ください。作ってくれたり、会員のデザイナーを紹介してくれたり、色々と相談にのってくれますよ!

コミュニティマネージャーが常駐

同店の最も注目すべきは、みどり荘のコミュニティマネージャーと呼ばれる人が常駐していること。

人と人とを結びつける役割を持つコミュニティマネージャーが常に在籍しており、挨拶することから始まり、イベントを通して普段出会えない人同士をつなげたり、会員の悩みから誰かと出会わせてくれたりと、人と人をつなぐための触媒になってくれます。

ワーキングスペースの中で、点と点を結び何かを生み出す“奇跡”を起こすための重要な存在です。とにかくなんでも相談してみてください!

 吉祥寺PARCO×SkiiMa KICHIJOJI SkiiMa Talk special「“好き”の話をしよう」

SkiiMaのオープンを記念し、オープニングイベント「SkiiMa Talk special」を開催!!パルコのアート・カルチャーのエッセンスを詰め込んだトークショーには、各方面でご活躍される様々な方が登壇します!!

いやホント面白い人ばっかりなので、知らなくてもぜひ詳細を読むことをオススメします。

  • Vol.1:4/10(土)14:00~ 辻愛沙子(株式会社 arca CEO / Creative Director) × 江原ニーナ(ANRI シニアアソシエイト)
  • Vol.2:4/11(日)14:00~ 小木“Poggy”基史(スタジオ 2G ファッションキュレーター)× 岩渕貞哉(「美術手帖」総編集長)
  • Vol.3:4/16(金)19:00~南塚真史(ナンヅカ代表、ギャラリスト)×坂部三樹郎(MIKIO SAKABE デザイナー)
  • Vol.4:4/17(土)14:00~ 河村康輔(コラージュアーティスト)× 奥冨直人(コンセプトショップ・BOY オーナー)
  • Vol.5:4/23(金)19:00~ 箭内道彦(クリエイティブディレクター / 東京藝術大学美術学部デザイン科教授) × 河尻亨一(編集者/銀河ライター)

参加方法など詳細はこちらからどうぞ!!

店名 SkiiMa(スキーマ)
営業時間 10:00~20:00(今後変更の可能性あり)
定休日 吉祥寺パルコの休業日に準ずる
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコ8F
地図
HP skiima.parco.jp/kichijoji/