小ざさ|早朝に並んで“幻の羊羹”購入&実食レポ!7時台でも意外と購入可能

吉祥寺に住んでる人なら超有名だし知ってるけど、食べたことがある人は少ないであろう「小ざさ(おざさ)」の羊羹

僕もその一人でしたが、ついに並んで購入してきました。みなさんが思っているより朝はゆっくりでも買えましたよ!!

7時台に並んで買えた!

創業1951年の小ざさ(おざさ)の羊羹は手作りなので、1日150本しか作られません。この限られた羊羹を買うため、朝5時〜6時台から並ぶ人がいることで有名ですよね。

ずっと羊羹食べたいなーと思ってました。しかし朝早くから並ばなきゃいけないというイメージがあり、並ぶに並べない!!

同じことを考えている人は多いはず。しかし意外と朝ゆっくりでも買えちゃうことを知り、早速並んできました。

事前確認

まず並ぶ前に、以下をご確認下さい。

朝7時25分に並んできた!

僕は、平日の朝7時25分に到着

初めてだったので、どのように並ぶかわからず不安でしたが、行けばすぐにわかりました。

下の写真のように、早い人は①の場所に小ざさに向かって並びます。そして眼鏡市場の手前で列が一旦切れて、②のメガネのJINS前に並びます

驚いたのが、列に並んでいる半数以上がご年配の方々。しかもお互いに知り合いなんです。

コミュニティができていて、整列してくれるおじさま(お店の人ではない)がいらっしゃるし、「○○さん、今日は来てないわね。」と言って来ない方を心配するおばさまもいらっしゃったりと、仲良しの様子。

また折りたたみ椅子を持ってきている方も多く、お隣のおばさまも慣れた手付きで椅子を広げて座っていました。

平日ということもあってか、その日は50人に達しなかったようです。つまり8時時過ぎに来ても買えたことになります。

ただし休日は並ぶ方が多く、51人以降の方は並んでも引換券をもらえずに解散させられてしまうので要注意。

8時15分になると、前から順番に引換券を受け取ります。

26番目だった!

26番目でした。余裕じゃん!!!

引換券をもらったら、営業時間の10時〜19時30分の間であればいつでも購入できます(お店的には18時までに来てほしいとのこと)。僕は一度帰宅し、夕方に再度来ました。

ついに羊羹をゲット!

そして夕方、ついについに羊羹(1本870円税込)をゲット。自宅で封を開けることに・・・

けっこうな重厚感。1本が想像以上に重いんですよね。

ひゃーワクワクする。

プルプルの羊羹がお目見え!!!!

食べやすいサイズに切ると、一切の隙間なくびっしりと小豆が詰まっているのがわかります

それでは一口いただきます・・・

ああ・・・美味しい。上品な味わい。

甘さは控えめでコクのある美味しさ。食感はしっとりしています。

小豆の優し甘みをしっかり感じることができる奥深いお味です。

一口食べると次から次へと食べたくなってしまい、止まらないんですよ。1本なんてすぐになくなってしまいます。本当に美味しい。

吉祥寺に住んでいるなら一度は食べてほしい逸品です!!

※本記事での並んだ時間はあくまでも目安としてご参考ください。

店名 小ざさ
営業時間 10:00~19:30
定休日 火曜日
TEL 0422-22-7230
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
地図

こちらもオススメ

関連記事