「タンスの肥やし」を解消!敏腕専門店によるリメイク&お直し術 5選

「タンスの肥やし」を減らしたいと思っていませんか?吉祥寺には着なくなった洋服を、大胆なリメイクやお直しにより復活させてくれるお直し&リメイク専門店があります。

工場ではなくお店で全て対応するので“短納期”

吉祥寺南口徒歩1分の駅前にあり、洋服のお直し&リメイクを手がける「A Tree tokyo」は、ほぼ全てのお直し、リメイク技術に対応してくれます。「短納期と高品質が当店の強み」と話すのは、劇団四季の衣装を手掛けた実績もある敏腕オーナー。

大手の洋服のお直しサービス店は、手間のかかる修理については「工場にて対応」という形をとっていますが、同店はすべて店頭で作業しているので、短納期で対応してくれるというのが強みです。10月以降は繁忙期なのでお店の稼働率にもよりますが、内容(丈詰め等)によっては1時間以内に対応してくれます。他にも「早急に対応してほしい」といったオーダーについても、某大手より柔軟に対応してくれるようなので、まずは相談してみましょう(※まずは事前に連絡を!)。

また「これは直すの無理でしょ!」といったお直しも、同店の手にかかれば短納期で高品質に仕上がります。オーナーは「難しそうな要望でも可能な限り対応する」と話しています。今回は、そんな高い技術を物語る同店のお直し&リメイク事例をご紹介します!

余った生地で2種類のストールを製作

こちらは毛皮の丈を詰め、余った生地で2種類のストールを製作した事例。スタッフ全員一から服を作れる知識と技術を持っているからこそ成し得る技です。

レザージャケットのファスナー交換

レザージャケットは慎重に扱う必要があります。同じ穴に針を落とさなければ、本体の針穴が跡残りしてしまいます。上の写真はファスナーを交換した後。気になる箇所がありませんね。

ジャケットの袖丈詰め

これは筆者もお願いしたいなーと思うことがよくある!同店には仮のボタンホールの機械もあり、ボタン一つ一つ丁寧につけることができます。急ぎの対応も可能だそうです。

襟ぐりのデザイン変更

同店はリメイクが本当に得意。大きく印象が変わるので、気に入ってたけど今はタンスに眠っている洋服をリメイクしてみてはいかがでしょうか?

革小物のファスナー替え

洋服だけではなく、革小物ももちろん対応できます。レザージャケット同様、本体の針穴にステッチを打ちます。

以上のようなわかりやすいお直し&リメイクだけではなく、もっとクリエイティブだったりマニアックなリメイクも可能。例えば大手衣料品メーカーの安価なジーンズを、あえてダメージ加工させたり、シルエットを変更したりと、マニアックな施しを加えてヴィンテージ風に仕上げることもできます。1,000円で買ったジーンズを、6,000~7,000円程度で加工して自分好みのスタイルに仕上げるという人もいるそう。「こんな加工は無理かも」といった内容でも、できるだけ対応してくれるそうなので、ひとまずはお店でご相談ください!

ちなみにオーナーはリメイクだけでなく、一から製品を作ってしまうこともあります。こちらはオーナー製作のデニムネクタイ。デニム素材のネクタイなんて初めて見ました。なにこれカッコイイ!!

今後はリメイクはもちろんのこと、面白い商品の製作にも力を入れていくそうです。吉ファンとのコラボも考えてくださっているそう!今月からウェブサイト上から購入可能です。

洋服に関するお直し&リメイクの相談は同店にお願いしてみましょう!

店名A Tree tokyo
営業時間11:00~20:00
定休日無休
TEL0422-42-9119
住所東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井の頭ビル7F
地図
HPatreetokyo.com
Twitter@ATreetokyo
Instagram@atreetokyo
関連記事