最高年齢78歳!全員50歳以上、一般公募ダンサー100人が踊る 「おとな公演」チケット販売中

2019年9月14日(土)に日本初、一般公募の50才以上のおとな100名が、堤監督演出の舞台で踊る、ダンス&リーディングシアター「おとな公演」が武蔵野公会堂で開催されます。

堤監督演出の舞台に、50歳以上の一般公募ダンサー100人が踊る!

以前、同イベントの出演者募集記事で紹介しましたが、いよいよ公演日が迫ってまいりました。

日本のおとな世代を元気にしたい!というビジョンに共感した豪華参加者の、堤幸彦監督(代表作:『20世紀少年』三部作、『トリック』シリーズ)や、コシノミチコ氏(世界的ファッションブランド「MICHIKO LONDON KOSHINO」デザイナー)、野添 義弘(代表出演作:堤監督演出舞台「魔界転生」)と、一般公募のシニア100人以上が舞台を共に創る、日本初(※2019年8月時点)の試みです。

同世代の仲間とも出会え、健康促進にもつながる本公演の出演者を100人公募した結果、なんと300人以上の応募が!最高年齢78歳、ダンス未経験者3割以上の方々も挑戦されます。

早速8月16日に行われたリハーサルでは、真夏も顔負けの熱気が、すでに舞台いっぱいにあふれていました。

【おとなダンサーの全体リハーサルを行いました🕺】昨日、本番会場の武蔵野公会堂にてダンサーの全体リハーサルがございました!そちらの模様をご紹介します✨この夏、おとなダンサーズは何度かチームごとにダンスレッスンをし、今回は初めての全体リハーサルになりました💪みなさん気合い十分!!!短いレッスン期間にもかかわらずチームワークもばっちりでした😲❗️長丁場のリハーサルでしたが、みなさま明るく最後まで元気いっぱい☀️全員がステージに乗る姿は圧巻でした、、、🕺🕺🕺🕺🕺本当にみんなカッコいいです!本番が楽しみですね!!!また、チケットの販売も残りわずかとなってまいりました!ぜひみなさま、お買い忘れのないように!▼公演のチケット・そのほかの応援はこちらのクラウドファンディングサイトからhttps://camp-fire.jp/projects/view/148688※チケット販売は8月中で終了してしまうのでお早めに!

おとな公演さんの投稿 2019年8月17日土曜日

テーマ「踊れ!人生があるうちに。」のもと、何歳になっても人生は輝き出すことを描くドタバタ・エンタメ群像劇。”シニアダンサー”がまさに「踊れ!人生があるうちに。」を体現する姿をお見逃しなく。

チケット購入は、こちらから!

チケットを購入する

開催概要

タイトル 「踊れ!人生があるうちに」
ジャンル ダンス&リーディング公演
開催日 2019年9月14日(土)
開催時間 昼の部 開場13:00 開演13:30
夜の部 開場17:00 開演17:30
場所 武蔵野公会堂 武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
公式HP https://otona-koen.ostance.com/

チケットを購入する

関連記事