こどものまちをつくろう!『Teens Townむさしの』店長候補の中高生を大募集

武蔵野市周辺に住む大学生や、「子ども」にアツい想いを持った大学生が実行委員を務める
Teens Townむさしの 実行委員会』が2020年3月に開催されるイベントに向けて始動開始しました。

Teens Townむさしの で店長を担う中高生を募集

Teens Townむさしの」は、地元の大学生が中心に行政と協働して運営を行い、2020年3月に開催が予定されているイベントです。

こどもたちが自ら考え、やってみる経験を通して、自主性を育むことを目的としています。地元武蔵野市出身の大学生スタッフが準備し、仕事や環境についてを学べるさまざまな仕掛けが用意されます。

そんな大イベントに向け、店長を担う中高生と一緒に、Teens Townむさしのをどんなまちにするのか、ビジュアルコンセプトなどを考えるワークショップが2019年8月17日(土)に実施されます。

一見難しそうに見えますが、大学生のスタッフさんがしっかりとサポートしてくれるのでご安心を。

みんなのアイディアをそのまま実現させちゃいましょう!

イベント名 まちづくり広場 〜まちデザイナーになってみよう!〜
日時 2019年8月17日(土)13:15〜16:00
場所 武蔵野プレイス スペースE(JR 武蔵境駅 南口1分)
地図
参加費 無料
対象 武蔵野市在住の中学生・高校生
申し込み方法 contact@teens-town.me
本文に、 学校・学年・氏名・電話番号(緊急連絡先) を記載の上ご連絡ください。
※できれば連絡したほうがいいですが、飛び入り参加もOKだそうです!

Teens Townむさしのとは?

2018年10月に武蔵野市に子どもがつくるまちを復活させようと、有志の大学生が集まって実行委員会を結成。

2019年の3月にスタートダッシュとして記念すべき子どもがつくるまちイベント『第0回 Teens Townむさしの』を開催。参加者100人の定員があっという間に埋まってしまうほどの反響を見せた。

子どもがつくるまち」はドイツのミュンヘンが発祥といわれています。「子どものまち」の中では自分の好きな仕事を見つけて働き、給料をもらい、そのお金を使って、買い物や食事ができるところに特徴があります。

中高生のお子様がいらっしゃる方は、ぜひこのイベントをご紹介ください!

関連記事