グルメ

昭和47年創業老舗洋食屋さんの「ナスとポークのしょうが焼き」

創業40年以上もの超老舗洋食屋さん「らすぷーる」で、人気No.1の「ナスとポークのしょうが焼き」をいただいてきた!

甘みのある山形豚を使い、昔ながらの味付けで

昭和47年創業の老舗洋食屋さん「らすぷーる」は、コピスA館の地下 1階にあり、お店の前には身長100センチ位のコックさんが立っています。

「らすぷーる」さんで有名なのは、テレビでも紹介されたちょっと風変わりなオムライスですが、今回はお店人気No.1の「ナスとポークのしょうが焼き」(1,100円税抜き)。ライス、サラダ、コーヒー付です。ちなみにランチタイムメニュー(850円税抜き)もあったり、他にもメニューはこんなにあります。個人的に気になるのはガーリック風味の「らすぷーる風ハンバーグ」(1,250円税抜き)。

サラダは簡易的なものではなく、コーンがたっぷりのったサラダ。

そしてこちらが「ナスとポークのしょうが焼き」!!ポテトやニンジン、コーンも添えられています。

ポークは山形豚を使用し、らすぷーる自慢のジンジャーソースは、大根おろし生姜がたっぷり使われています。けっこう甘めで、昔ながらのしょうが焼きってかんじ。ポークも甘めです。ご飯がススムススム。ウマい。

このジンジャーソースがポテトやコーンにも浸ってしまっているのですが、これがまた懐かしいかんじ。ジンジャーソースをつけてポテトをいただきます。

なんだか、昔どこかで食べたことがあるような気分にもなってしまうお味のしょうが焼きでした。クセになりますね。また行こっと。

らすぷーる
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30) ランチは11:00〜15:00
定 休 日 不定休
住  所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館 B1F
電  話 0422-22-0877
The following two tabs change content below.
編集長

編集長

吉ファンの編集長・山岸学です。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。家庭では二児のパパとして奮闘しています。吉祥寺と同じぐらいアップル製品が好きで、趣味の一つです。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

昭和54年創業老舗カフェの1日かけてじっくり煮込んだ絶品カレー

次の記事

アトレ吉祥寺に恵比寿で人気の「立呑み天ぷら」バーがオープン