歴史と文化

アジアゾウ「はな子」銅像は吉祥寺駅前設置へ!募金方法は?

5月に国内最高齢の69歳で亡くなったアジアゾウの「はな子」の銅像が、吉祥寺駅前に設置されることになりました。

hanako

募金目標額は1000万円

1954年に井の頭自然文化園に来てから62年間、多くの人に愛されたアジアゾウ「はな子」。2016年5月に他界しました。この件について、武蔵野市の邑上守正市長は、29日の記者会見で、「はな子」の銅像を市民からの寄付で吉祥寺駅前(暫定的に北口広場)に設置することを発表しました。「感謝の気持ちを形に」「広く愛されたはな子の功績を後に伝えたい」という声が届いたようです。

8月30日から来年3月末まで、市役所や同園、各図書館などに募金箱が置かれています。目標額は横幅1.5メートルの像が造れる約1,000万円。井の頭公園の100周年である来年の5月に設置を目指します。

hanako_dozo

募金方法は、募金箱以外にも口座振込等があります。詳しくは武蔵野市観光機構さんのホームページをご参照ください。

吉祥寺の象徴となりますね。筆者ももちろん募金します。みなさんも募金お願いします!

インスタグラムはじめました!毎日更新中

Instagram
A Tree tokyo
The following two tabs change content below.
吉ファン代表

吉ファン代表

吉ファンの代表・山岸学です。会社員ブロガー兼デザイナーです。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。家庭では二児のパパとして奮闘しています。吉祥寺と同じぐらいアップル製品が好きで、趣味の一つです。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

吉祥寺パルコでも駅周辺の回遊用ベビーカー貸し出しへ

次の記事

今度は「奇跡のパンケーキ」上陸!吉祥寺にパンケーキの波