ショップライフスタイル

「The PARKSIDE ROOM」井の頭公園の新緑をイメージしたサングラスが登場

ayame最新2016S/Sモデル『SIPPOU』に、アイウェアショップ「The PARKSIDE ROOM」が別注をかけたサングラスが2016年8月6日(日)より発売されています。

AY_SIPPOU SG_image

【ayame × The PARKSIDE ROOM】のリミテッドサングラス

リミテッドサングラス『ayame for tpr』は、「グリーン」のレンズが特に目を引くサングラス。このサングラスは、「The PARKSIDE ROOM」近くの井の頭公園の新緑から着想を得ていますが、これまで多くのサングラスに用いられているようなグリーンではなく、グリーンの中でも色の明度が濃く、鮮やかなグリーンレンズを採用しています。色展開はフレームカラー2 色(BLK/DTR)にそれぞれ特注の刻印が入ったレンズが装着されます。

201607_ayame_fair_poster_A2
今回の企画は、ドメスティックアイウェアブランド【ayame】と、吉祥寺のセレクトショップ「The PARKSIDE ROOM」のコラボレーション。2015A/Wの昨シーズン、着想から2 年の歳月をかけ、ノーズパットとブリッジが一体型のマンレイ山を開発し、話題を呼んだことも記憶に新しいモデル「MANRAY」。今回の『ayame for tpr』は同モデルをベースにしながら七宝塗りを施した、最新2016S/S モデル『SIPPOU』に、「The PARKSIDE ROOM」が別注をかけたサングラス。『SIPPOU』はリム周りに七宝加工を施し、その七宝もあえて塗り切らないメタルの縁がみえる仕様になっており、独特の高級感漂う仕上りが特徴のモデル。テンプルのパーツもセルにアップデートし、より華やかな雰囲気をプラスさせることで、コンビネーションフレームとしても今までになかったバランスに仕上がっています。

今後ブランド側では、この別注モデル以外に、国内で同モデルでのサングラスは展開予定がないとのこと。レンズカラーもさることながら、ayame のコレクションにおい ても今後レアな【ayame × The PARKSIDE ROOM】のリミテッドサングラスになっています。

また、【ayame】のサマーエキシビジョンが「The PARKSIDE ROOM」にて8月21日(日)まで開催されています。気になる方はチェックしてみてください。

arameとは?

デザイナーの今泉悠氏が2009 年に立ち上げたドメスティックブランド。出身地である茨城県潮来市の象徴の花であるアヤメ(菖蒲)に目を彩る=彩目(あやめ)の想いを重ねブランドネームとし、アヤメの色である神秘や高貴の象徴である紫色に深みを持たせ、シンボルカラーとしている。クラシックなデザインをベースに、ジャパンメイドのクォリティーや伝統と、時代感を反映させたファッション性をMIX させた注目のアイウェアブランドです。アイウェアシーンに留まらずファッションシーンにおいても信頼を得ながら、独自のポジションで活動を続けています。

The PARKSIDE ROOM(ザ・パークサイド・ルーム)
営業時間 12:00-21:00
定 休 日 水曜日/第3火曜日定休
住  所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1 バイオスフィア2F
電  話 0422-41-8978
H   P www.tpr.jp

インスタグラムはじめました!毎日更新中

Instagram
A Tree tokyo
The following two tabs change content below.
吉ファン代表

吉ファン代表

吉ファンの代表・山岸学です。会社員ブロガー兼デザイナーです。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。家庭では二児のパパとして奮闘しています。吉祥寺と同じぐらいアップル製品が好きで、趣味の一つです。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

客足遠のき「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」閉店へ

次の記事

子供の自由研究に花育フラワーアレンジ体験!ママはパーソナルカラー診断