自然

【訃報】井の頭自然文化園ゾウ「はな子」他界

5月26日(木)、はな子がこの世を去りました。

hanako

さようなら、長生きしてくれてありがとう

26日(木)、井の頭自然文化園で飼育されていた国内最高齢のアジアゾウ「はな子」が死んだと発表しました。69歳でした。
苦しんだり暴れたりすることはなく、静かに息を引き取ったということです。

inokashirapark2

アジアゾウの平均寿命が60歳と言われていますが、はな子は69歳まで生きました。はな子は1949年にタイから来日し、上野動物園を経て、1954年から井の頭自然文化園で飼育されてきました。

子供たちに最も人気で、井の頭公園だけでなく吉祥寺としての顔でもありました。「吉祥寺といえば?」と聞かれたらはな子を答えた人も少なくないのではないでしょうか。はな子の存在が子供たちに数えきれないほどの笑顔を与えてくれました。はな子が長生きしてくれることで勇気をもらいました。これから井の頭自然文化園に行っても姿がないと思うと胸がしめつけられるような思いです。

でも、これからも井の頭公園と吉祥寺の顔でいてくれることと思います。これからも僕らの心の中で永遠に生き続けることでしょう。楽しい思い出をありがとう。

はな子、長い間お疲れ様でした。ありがとう。安らかに眠ってください。

インスタグラムはじめました!毎日更新中

Instagram
A Tree tokyo
The following two tabs change content below.
吉ファン代表

吉ファン代表

吉ファンの代表・山岸学です。会社員ブロガー兼デザイナーです。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。家庭では二児のパパとして奮闘しています。吉祥寺と同じぐらいアップル製品が好きで、趣味の一つです。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

ジブリ美術館が新企画展開催!大人も乗れる「猫バス」で「ジブリの森」へ

次の記事

井の頭自然文化園のはな子への公式ツイートが涙涙涙!死因も判明