エンタメ

井の頭公園と吉祥寺が舞台の映画製作決定!バウスシアターオーナー企画

井の頭恩賜公園が2017年に開園100周年を迎えますが、これを記念する映画「PARKS」の製作が決定しました。

sakura_inokashira

閉館したバウスシアターオーナーの企画が実現

3月31日、都内で瀬田なつき監督らが会見を開き、井の頭恩賜公園(以下、井の頭公園)の2017年に迎える開園100周年を記念し、映画「PARKS」の製作が決定したことを発表しました。

2014年に閉館した吉祥寺バウスシアターのオーナーである本田拓夫氏が、吉祥寺と井の頭公園を舞台とした映画を作りたいという思いから生まれた作品です。同氏は本作のゼネラルプロデューサーを務め、音楽監修らトクマルシューゴが務めます。

IMG_0875

2014年に閉館した今はなきバウスシアター

本作は、吉祥寺という街や井の頭公園が主役。そこに集い、その空気を呼吸し、それぞれの時間を生きる人々の、 さまざまな過去や現在や未来が詰め込まれた映画になります。

本作は、若い女性ふたりと1人の青年を軸にした物語になるそうで、瀬田監督によると「主人公がひょんなところから、50年前の音楽の断片を見つけて、様々な人に会って音楽を完成させていく話になる」とのこと。

トクマル氏は、「60年代の若者たちがどんな音楽を聴いていたのか、今リサーチしています。60年代に井の頭公園で生まれたような音楽を僕が作れたら。子供の頃から来ていた井の頭公園と、自分の音楽がどうリンクしていくかが楽しみ」と語り、吉祥寺を支えた音楽が物語に登場することを示唆しています。

また、映画に関連したフリーペーパーを隔月で発行されます。フリーペーパーの編集や製作、配布を手伝いたいボランティアさんを募集しているそうです。問い合わせは以下まで。

問い合わせ・申し込み
mail parks100@boid-s.com
お名前、連絡先、志望動機を明記してください。

Source:井の頭公園の映画『PARKS』

インスタグラムはじめました!毎日更新中

Instagram
A Tree tokyo
The following two tabs change content below.
吉ファン代表

吉ファン代表

吉ファンの代表・山岸学です。会社員ブロガー兼デザイナーです。幼少期から吉祥寺在住。大学卒後、大手IT企業に就職し、2014年に他業種へ転職。現在は会社員をやりつつブロガーやデザイナーとして活躍中。家庭では二児のパパとして奮闘しています。吉祥寺と同じぐらいアップル製品が好きで、趣味の一つです。吉祥寺でブロガー仲間を増やしたいと思っているので、ブログを始めたい方はご相談ください!ブログやHPの始め方をお教えしますよ!
前の記事

吉祥寺で「美女活フェス」開催!女性を輝かせるプロ達が集結

次の記事

井の頭公園満開土曜日の様子!曇りで肌寒さにも関わらず超混雑